自社のホームページを毎日見ていますか?

情報取得、ショッピング、趣味など日々の生活でホームページを見ない日はないのではないでしょうか?

ですが、自社・自店舗のホームページはどうでしょうか?
完成した当初は、穴が開くほど毎日見られたことでしょう。
しかし、やがて見なくなり、現在では見ることもない。

そんな状態になっていませんか。
今回は、そんな方にこそ読んでいただきたいお話です。
耳が痛いかと思いますが、「良薬は口に苦し」です。
一読いただければ幸いです。

自分が毎日見ないホームページは、お客様にも毎日見ていただけない。

自社・自店舗のホームページは全然見なくなったのに、自分自身が毎日見るホームページは、なぜ毎日見ているのでしょうか?

理由は明確です。
昨日と同じ内容」だからです。

新しい情報、新商品など毎日見るホームページは常に新しくなっています。
だから、毎日見るのです。

これに対し、内容が変わらないホームページは、レンタルせずに購入したDVDと同じです。

最初は何回か見ますが、いずれ見なくなります。
たまに見ることもあるかもしれませんが、ほんとにたまにです。

自身ですらたまにしか見ないホームページを、お客様が毎日見ていただけるわけがないのです。

結果の出るホームページは、毎日手入れされています。

商品が売れたり、受注を獲得するようホームページのオーナーは、毎日自社・自店舗のホームページをチェックされています。

カート系サイトであれば、商品情報のメンテナンスは当然必要ですし、情報系サイトであれば、新しい記事を書くことも大事です。

集客を実現するのは、お客様に寄り添えるサイトです。
お客様に寄り添うホームページとは、自分が毎日見ているホームページが、なぜ毎日見たくなるのか、その理由が分かれば、おのずとわかることです。

自分自身が毎日見る理由は、自分にしかわかりません。
まずは、自分でその理由を知ることから始めましょう。

理屈は分かったけれども、具体的に何をチェックすればいいのでしょう?

日々チェックするポイントは以下の2つです。
この2つさえきちんと見ていればOKです。

1つ目は、お客様目線によるサイト内閲覧です。
「自分がお客様の立場だったら」という想定で、自社・自店舗のホームページを見つめます。わかりにくい部分や、次ページに行くにはどのボタンを押せばよいか?など、「アラ」探しを自分自身でおこないます。
見つけた「アラ」は修正です。

2つ目は、アクセスログチェックです。
自社・自店舗のホームページにどのくらい集客力があるのかを数値でチェックできます。詳しく解析できればそれに越したことはありませんが、最低限、先月と比較して、どのくらいアクセスが増えたか?、1ヶ月総アクセス数はどのくらいか?をチェックしましょう。

1つ目の項目は、お客様に対する配慮であり、普段営業でされているサービスと同じことです。商売をされておられる方ならば、当たり前のようにされていることを、ホームページでも行うだけです。

2つ目の項目は、「現状を知る」ということです。
まずは、1ヶ月の総アクセス1,000を目指し、クリアしたら5,000、10,000と段階的に目標を立ててゆきます。目標をクリアするためにはどうすればよいかを考えることが、集客に結びつきます。

そしてこれらのことは、業者はやってくれないことなのです。
あなた自身がやらなければ、だれもしないことなのです。

チェックをしたら、今度は改善です。
しかし、改善するためには、ホームページを更新する必要が出てきます。

更新する方法より、更新する内容のほうが大事です。

毎日アクセスしたくなるホームページ作りは、日々の更新によって生み出されます。 しかしながら、ホームページ更新には「技術」か「お金」が必要となります。どちらもない場合はどうすれば良いのでしょうか?

その方法については、また次回お話いたします。

ただ「どうやって更新するか?」よりも、「何を更新するか?」のほうが大事です。更新する方法に振り回されて、何も更新できないということが一番問題があります。

お客様は、見栄えよりも、「情報」を求めておられます。
ホームページの目的を見失うことなく、お客様のためのホームページ更新を行っていきましょう。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております