ホームページを作りたいけれど業者にどう依頼すればいいの?

 前回、「ホームページを作りたいけれど最初はどうすればいいの?」という記事を掲載いたしましたが、今回はその続きです。

会社で内製が難しい場合、業者に依頼することになります。
その場合に、ホームページでより結果を出す依頼方法というものがあります。

今回は、どのように依頼すれば結果が出やすいのかについての考察です。

「全部お任せします」は失敗のもと

「ホームページについてよくわからないので、全部お任せします。出来上がったら見せてください。」

と言われるケースがございます。
私自身も駆け出しのころ、「全部お任せで」とお伺いし、お客様のことをよく理解せずにホームページを作り、最終的に結果の伴わないホームページになっていました。

それもそのはずです。
ホームページ業者は、御社のこと、御社の商材について何も知りません。
何も知らない人が、御社の良さを語ることはできません。

御社の良さを伝えられないホームページでは結果が伴うわけがないのです。

私共もそのことに気づいてからは、入念な取材をさせていただき、「御社を知る」ということに重点を置いております。

でも、業者が取材をするだけでは不十分です。
結果を出すホームページにするには、業者と二人三脚で作っていかなければならないのです。

まず業者に「ホームページで得たい結果」を伝える

 ホームページを持たれたいと思われた動機は必ずあるはずです。
集客を増やされたい、ネットからの受注を得たい、見込みのお客様との接点を持たれたいなど、ホームページに期待される結果をまず業者に伝えましょう。

ホームページのゴール地点を明確にすることで、「実現するためにはどうすればよいか?」ということを業者も考えることができます。

何も考えずにホームページを作るより、目的を達成するためにはどうすればよいかを考えながら作るホームページのほうがはるかに良いホームページになります。

業者との最初の打ち合わせは、必ず「得たい結果」を伝えましょう。

次に、自社のセールスポイントを伝えましょう

 ビジネスホームページは主に、御社のお客様が閲覧される媒体です。
お客様は御社の商材やサービスを利用するにあたり、他社と比較検討されています。他社と比較された際に、御社に優位性のある情報が記載されていない場合、お客様は他社へ流れてしまいます。

御社の数あるセールスポイントのうち、どの部分がお客様の決め手になるかわからないものです。

そこで、セールスポイントを可能な限り洗い出し、業者に情報として提供し、業者により良い情報の組み立てをしてもらいましょう。

こだわるべきは、お客様目線で情報が伝わっているかどうか

ホームページ制作の終盤に入ってくると、デザイン部分も上がり、総合的なチェックフェーズになります。

ホームページなのでどうしても「デザインの美しさ」に目が行きがちですが、ビジネスホームページで大事なことは、「お客様にきちんと伝わること」です。

デザインが美しいに越したことはありませんが、デザインを優先しすぎたために、お客様から「見づらい」「情報がわかりにくい」「操作性が悪い」などデザインが美しいのにお叱りを受けることもございます。

お客様がビジネスホームページを閲覧されるときは、自分に必要な情報がどこに書いてあるかを探されます。それを邪魔する要素に対して反感を持たれるのです。

時には業者の話も聞いてみましょう。

御社の商材についてもっとも詳しいのは御社ですが、ホームページを効果的にお客様に見せることに関しては、業者のほうが一日の長がございます。

依頼者の立場であれば、自分の思い通りにしたいのは当然のことです。
ただ、業者の持っているノウハウを活用できれば、より良いホームページになります。それを利用しないのは、もったいないことです。

業者の言いなりは良くないですが、業者の持っている知識・ノウハウを自社のために使うことは、御社にとっても良いことです。

このバランスを見極めながら、業者をうまく活用してゆきましょう。

ビジネスホームページを依頼する際のまとめ

  • ホームページの目的・役割を明確にする
  • 自社のセールスポイントを明確にする
  • お客様目線でチェックする
  • 業者のノウハウを自社のために活用する方法を考える

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております