「最近使ったアイテム履歴」がOneDriveで開いてしまうのを、ローカルで開くようにする。

 Onedriveはクラウド側にデータを自動で保存してくれる便利な機能です。
複数人数で共同で作業することを想定しています。

ただ、個人で使用する場合は主に「自動バックアップ」が目的ではないでしょうか。私自身も、もしもの場合のバックアップとしてOneDriveを使用しています。

作業する場合は、ExcelやWORDのアイコンを右クリックすると表示される、「最近使ったアイテム」をピン留めで固定化し、すぐ作業できるようにしています。

以前は、ローカル保存ファイルが開いていたのですが、最近OneDriveがバージョンアップして以降、「最近使ったアイテム」から開くと、強制的にOneDrive側で開くようになりました。

普通の文書ファイルならば問題ないのですが、VBAを使用している場合OneDriveで開くと、セキュリティのためVBAが正しく動作しません。

本来はこの問題を何とかできないかと調べたのですが、「VBAはOneDriveでは正しく動かない」という結論に至りました。

VBAを使用したエクセル等は、ローカルで開かないと具合が悪いのです。
フォルダからローカルで直接開けば問題ないことですが、面倒なのでピン留めしているのです。

そこで、ピン留めしたファイルがローカルを指すようにしてみました。

現象はこのような感じです。

OneDriveに同期しているファイルは、強制的にOneDrive側を指します。

これは、OneDriveの設定で変更することができます。

OneDriveの設定には、エクセルやワードをダイレクトにOneDriveに向ける設定があります。これをオフにしてやれば、履歴の示す先がローカルになります。

手順は以下の通りです。

OneDriveの設定を開くために、雲のマークを右クリックします。

OneDriveの設定を左クリックし、設定画面を開きます。

Office タブを選択し、「Officeアプリケーションを使用して、開いているOfficeファイルを同期する」 のチェックを外します。

OKを押して、設定完了です。
設定完了後、フォルダからローカルファイルを一度開いて閉じます。
これをしないと、「最近使ったアイテム」に表示されません。

設定完了後、再度フォルダから直接開くと「最近使ったアイテム」はこのように表示されます。

OneDrive側の履歴とは別に、ローカルフォルダ側の履歴も表示されます。
これで、履歴からローカル側のファイルが開けるようになります。

この設定をしても、ちゃんとOneDriveに同期されます。

もしかして同期されなくなるのではないかと心配しましたが、テストしてみるとちゃんと同期されていました。

Officeタブの設定は、WORDやエクセルで保存した際に、ダイレクトにOneDriveに保存するかどうかの設定です。ローカル保存しても、OneDriveアプリがすぐにOneDrive側と自動同期してくれます。

VBAを使った帳票を開くのに、しばらく面倒な思いをしていましたが、これで楽になります。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております