お客様の声は「金言」、自分の声は「ひとりよがり。」

不平・不満話は耳が痛いものですが、リサーチの観点からは喉から手が出るほど欲しい情報です。

先日お弁当チェーンの営業不振に関するニュースがwebに掲載されていましたが、利用者の方と思われる方の不平・不満でコメント欄があふれていました。

ただその内容は感情的な批判ではなく、実際に食し、感じたことを具体的に書かれた内容でした。

味であったり、素材であったり、とても一般コメントの内容とは思えないくらいの「金言」でした。

このコメントに相当する情報を自力で集めようと思ったら、かなりお金をかける必要があります。それほどの良い情報でした。

サービス利用者のコメントは、情報としての価値がある

ちなみに、そのお弁当チェーンニュースのコメントを読んで気づいたことがあります。コメントの大半は 「以前より美味しくなくなった」 という意見でした。

このことから、弁当チェーン利用者は、お弁当に「味」を求めているということがわかりました。つまり、利用者はコンビニ弁当とほぼ同等の価格で、コンビニ弁当より美味しいごはんが食べられるところに「価値」を感じておられたようです。

おそらく、味より低価格路線にシフトしたために、客離れが進行したと読み取れます。

売り上げなどの数値情報だけでは、このような要因に気づくことができません。
サービス利用者の生の言葉だからこそ、情報に価値があるのです。

意見を出すのはお客様。意見を元に考えるのがお店。

成果が思わしくなかったり、結果が伴わない場合は、何かしらの「改善」が必要です。知恵を出し合って、改善方法を検討することになります。

その際に「原因の核心」を知る必要がありますが、サービス提供者の意見だけでは、「的外れ」になりやすいのは、前述のとおりです。

サービス提供者は、自分のサービスを受けることができません。
どのようなサービスなのかを実際に体験しなければ、「原因の核心」には迫れません。

だから、お客様の声を聴くことが有効なのです。
耳が痛いことが多いですが、「不満意見」は「のびしろ」です。
webマーケティング観点からは、貴重なご意見なのです。

ここで大事なことは、集まった「お客様の意見」を、そのまま改善策にしてはいけないということです。

お客様の意見を客観的に眺めていくと、一定の法則性や、お客様が求められる「価値」を知ることができます。お客様は「価値」のあるものにお金を支払われます。お店が、ちゃんと「価値」を提供できているか?もともとあった価値を無くしてしまっていないか?などが見えてきます。

原因が分かれば、改善のためのアイディアをお店で考えればよいのです。
経営するのはお店の責任であって、お客様の責任ではありません。
お客様の「金言」を情報として分析し、それを元に改善策を「考える」ことこそ、問題改善につながるのです。

問題の原因はお客様が知っています。ただ、どうすれば改善できるかは自分で考えるしかないのです。

自分の「声」とは「希望的観測」

長々と書いてしまいましたが、要は「原因を知る」→「改善策を考える」という手順を間違えないということです。

原因がわからないまま改善策を考えるのは、「あてずっぽう」です。
原因がわかっているのに、改善策を考えないのは、「行き当たりばったり」です。

人はよそ様のことは良くわかりますが、自分のことになるとわからないものです。だから、自分だけで原因を探ろうとすると、希望的観測が入ってしまうのです。

希望的観測は、「甘く」ても「厳しく」ても的外れを生み出します。
情報は客観的に。策は独創的に。
これが、改善をすすめるポイントなのではないでしょうか。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております