用途に合った汎用プログラムがない場合の対処法

前回の記事で、webプログラムの選択方法についてお話いたしましたが、今回は選択する該当プログラムが見当たらない場合、どうすればよいかのお話です。

需要の高いプログラムは、汎用CMSとして世に出ていますが、それほどの需要がないプログラムは汎用CMSとしては出ていません。
どうすればよいのでしょうか?

 

無いものは作る

独自仕様のwebプログラム、プログラムカスタマイズが必要なケースがあります。
例えば施設の予約状況案内であったり、不動産の情報案内など、仕様が会社、店舗ごとに異なる場合は、汎用CMSでは対応できません。

そこで2つの方策が考えられます。

【1】汎用CMSを改造する

【2】独自でプログラム制作を行う

汎用CMSとは、ワードプレスや、EC-CUBEなどのことです。
0からプログラムを制作することが困難な場合は、既存のものを利用することになります。
ただし、あまりにも用途とかけ離れすぎている場合、かえって複雑になり利便性の欠如、メンテナンスの複雑化などのリスクが発生します。

独自プログラム制作は、独自仕様に対応することが前提であるため、利便性、メンテナンス性は高い反面、独自プログラムに対応できるホームページ屋は極端に少なく、どっちかといえばソフトウェア制作会社の範疇になります。

 

作れないならば、制作を依頼する

独自プログラムは、少なくともSEやプログラマーの業務経験がないと、お金をいただけるプログラム制作は難しいです。

なぜならば、プログラムは仕様書と設計図が一番大事であり、仕様書、設計図を描く技術が求められるからです。

例えば、プログラム設計段階で、プログラムの矛盾点や無理のある部分を検出し、設計図の修正を行わなければならないのですが、この作業はプログラマーとしての経験がなければ、何が矛盾点なのか?どこに無理があるのか?がわかりません。

独自プログラム制作は非常に難易度の高い作業なのです。

自力で要求仕様を満たすことができない場合は、外注も視野に入れることが必要です。

 

予算の壁を突破する

独自プログラムは、難易度の高い技術が必要な分、供給が少なく費用が高騰します。
そのため、ホームページ制作の費用とは別の費用が発生します。

ソフトウェア開発会社に依頼すれば、最低新車1台分以上はかかります。
予算の壁に当たってしまったら、妥協点を見つけることが肝要です。

  • 本当に必要な機能なのか?
  • 分割納品にして、予算を複数年で計上できないか?
  • ソフトウェア開発会社でなく、ホームページ屋で対応できるところはないか?

検討項目は無数にあります。
webプログラムとは利便性の高い反面、想像以上に高額なものなのです。

用途に合うプログラムが見当たらない場合は、まずは「相談」から始めるのが賢明です。

続きはまた次回。

 


本日のまとめ

  • 用途に合う汎用CMSがない場合は独自プログラム制作をおこなう。
  • 自力制作が困難な場合は、制作できるところに依頼する。
  • プログラム制作は想像以上に高額費用がかかる。

 

 

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております