宣伝するとは何を伝えることなのか?

ホームページ制作を開業させていただいた当初、当然のことながら仕事がありません。
知名度0、認知度0、実績0の状態で仕事が来ないのは当然です。

だから最初は広告を打つことから始めました。
しかし、右も左もわからない状態で打つ広告は、明後日の方向を向いた内容であり、全く広告として機能していませんでした。

商売をさせていただいていると、必ず広告を打つ機会が出てきます。
広告とは、自社・自店舗の宣伝です。
間違った宣伝をしていませんか?

 

やりがちな間違い・・・自社目線で宣伝してしまう

開業したてのことは、何もないけれどもやる気だけがある状態でした。
やる気は大事ですが、時としてお客様が見えなくなるものです。
「自社ではこんなことができます。自社はこんな会社です。」というような宣伝はお客様には響きません。
それは、以下の理由のためです。

  • お客様は過程よりも結果に響く
  • お客様は商品・サービスに興味があるが、会社そのものには興味がない
  • お客様は自分のために行動されるが、御社のために行動されるわけではない

いざ宣伝をする立場になった時に、何を宣伝すればよいかわからないので、自己紹介から行ってしまう。初対面の方にご挨拶申し上げるのは大事なことですが、宣伝広告の場合は順序が違います。

宣伝は自社のことから入ってはいけないのです。

 

あてずっぽで書いてしまう

何を宣伝すればよいのかわからないという状態は、様々なことで弊害が発生します。
特に重要なことは、「的外れ」を起こしてしまうことです。

的外れの例としては、夏に水を販売するとしたら、お客様は「のどの渇きを潤すこと」を欲しておられます。だから「よく冷えています」「ごくごく飲めます」などお客様の欲求を満たすことを宣伝すればよいのです。このような事例の場合に「特別な水を使っています」「品質の高い水です」と商品の性能面を宣伝してしまうことは、的外れなのです。

的外れ現象は、情報不足の状態で宣伝を考えると発生します。
先の例で、「お客様の欲求=のどの渇き」という情報を知っていれば、宣伝内容はおのずときまってきます。しかし、情報がない状態で宣伝を考えるから的外れになるのです。

 

自社の価値を理解しないまま宣伝してしまう。

自社の良いところを宣伝することは大事ですが、価値はあくまでもお客様が決めるものです。
多数ある自社の価値から、適切な価値を理解せずにやみくもに宣伝しても、やはりお客様には伝わりません。

昭和の時代であれば、製品の写真と、製品名だけでモノが売れる時代でした。
しかし同じ製品、同じサービスが飽和している現代では、そのような宣伝では売れません。
宣伝には何を書けばよいのか?

次回より解説してい参ります。
続きはまた次回。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。

このような記事も読まれています

ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。 微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。
ホームページのご提案もさせていただいております