上手なホームページ宣伝方法 ~心構え編~

2018年10月16日

前回の記事で宣伝する時の失敗例をお話いたしました。
今回より、宣伝の上手な考え方について解説してゆきます。
ぜひご参考ください。

心構えその1:まずは、目線を変える

自社、自店舗の宣伝をしようと思えば思うほど、自社、自店舗目線になってしまいがちです。
自社愛、自店舗愛が強いほどその傾向が顕著に現れます。

でも、よく考えてみてください。
宣伝は自社、自店舗のために行うものですが、お客様に見て判断していただくものでもあります。
宣伝の良しあしを判断されるのは、あくまでお客様です。

愛社精神の強さをストーレと表現でなく、より良い宣伝を行うことが愛社につながると自覚し、目線をお客様目線にすることから始めましょう。

 

心構えその2:自分がお客様になる時の事例を洗い上げる

いざお客様目線と言っても、どうすればよいかすぐには浮かばないものです。
そこで、自分自身がお客様の立場のときの体験談を洗い上げましょう。

折り込みチラシ、テレビCM、ネット宣伝などを見たときに、欲しいと感じたもの、特にほしくないものなどあると思います。自身が消費者の立場であるときに、宣伝を見て欲しいと思ったものはなぜほしくなったのか?不要だと思った場合は、なぜいらないと思ったのか?
じっくり考えてみましょう。

いままで何の気なしに見ていた宣伝も、テーマを持ってみると新しい発見が必ずあります。

 

心構えその3:完全にお客様になりきれたら宣伝のスタートラインに立っています

自分自身が消費者の場合は、本物のお客様目線で見えています。
自身が消費者の時に、お客様目線を意識することで、お客様の「目」を養うことができるのです。

そして次の段階として、自身が販売者の立場に立った時にも培ったお客様の「目」で見て考えることを意識します。

普段の業務や、接客時、商談時などあらゆる場面でお客様の「目」を意識しましょう。
そうしてゆくことで、販売者の時であっても、お客様目線で宣伝を考えることができるようになるのです。

 

次回は、宣伝を考える際にまず初めに行うことを解説いたします。
続きはまた次回。

 


■本日のまとめ

  • 目線を変えることから始める
  • 自分がお客様であるときの目線を意識する
  • 普段の業務時にもお客様目線を意識する

 

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。

このような記事も読まれています

ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。 微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。
ホームページのご提案もさせていただいております