ビジネスホームページは見た目よりも本質にこだわると良い

 ホームページはデザインが美しいに越したことはありません。しかしながらこの意味を履き違え、「美しくさえあればよい」になっていませんか?

ホームページの本質は「情報提供」です。
情報の無いホームページはどんなに美しくても集客できません。

今回は、ビジネスホームページを制作する際にこだわるポイントについてです。

ホームページの目的が売り上げ向上ならば、このポイントにこだわると良いです。

 事業者がホームページを持たれる理由は様々ですが、おおよそ売り上げ向上が直接的にも、間接的にも関連してきます。

webは新聞、ラジオ、テレビに続くマスメディアです。
しかも従来のマスメディアとは異なり、誰でも発信できる媒体です。
だからこそ「情報」にこだわらなくてはいけません。

事実、皆様がインターネットで検索される理由のほとんどは「情報収集」ではありませんか?

自分の欲する情報が記載されているホームページならば、ホームページのデザイン性は目に入りません。

これが逆だと、どうなるでしょうか?

ホームページのデザインはものすごく良いけれども、探している情報が一切ないホームページ。検索にヒットしても、見てみたら探している情報が見つからない。

その瞬間離脱し、別のホームページを探しに行っていませんか?

大半の方は、ホームページに「情報」を求めておられるのです。

他社と同じ情報は価値が低い。

 お客様は常に「より良いもの」を探しておられます。
品質、価格、サービスなどどれか秀でているものを探されます。

ホームページで他社と同じ情報を出していたならば、他社のホームページを見ても同じ情報が得られます。

つまり集客できる人数を他社と分け合うことになります。
その数が多いほど、自社のホームページは見てもらいにくくなります。

また他社と同じ情報とは「独自性の低い情報」です。
ネットに限らず、限定品や、ご当地製品など「そこでしか手に入らないもの」はとても強いコンテンツです。

ビジネスホームページも、そのホームページでしか得られない情報ほど価値が高くなるのです。

価値のある情報を出すためにはどうすればよいか?

 ビジネスホームページの本質は、営業活動です。
お客様の役に立ってこそ価値があります。

営業活動とは、自社の製品やサービスを提供する活動です。
お客様の役に立つポイントを見つけ、情報を提供することこそビジネスホームページの役割です。

自社の製品・サービスをよくよく見つめなおし、価値を見つけることで独自性の情報を見出すことができます。

ひいては、お客様が求めている情報を提供することにもなります。

ビジネスホームページを構築される際には、見た目よりも「情報」にこだわってみましょう。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。 鋭意ご対応申し上げます。
ホームページのご提案もさせていただいております