ホームページ制作依頼の元の取り方

2018年1月6日

ホームページを依頼するとは、経費として出費することになります。
出費はなるべく抑えて、収益を上げたいと考えるのは当然です。
本日は、出費が出費でなくなるお話です。

投資は何も資産運用だけではありません

投資というと何か物々しい感じがしますが、商売をされておられれば、自然に投資をされておられます。
例えば車両、パソコン、建物などは売上に直結はしないものの、売上を出すために必要なものです。

売上に貢献するものにお金を投資することで、より収益向上につながっているのです。
つまり、出費してしまったと思っていても、知らないうちに元を回収できているのです。

これが「生きたお金」といえるのではないでしょうか。

宣伝をされるなら、最低限宣伝にかけた経費以上の売上を見込む

広告をされるのであれば、広告費以上の売上を出さなければ、広告の意味がございません。
ホームページも広告の一部です。
ただそこにあるホームページでなく、売上につながるホームページにしたいものです。

ホームページ屋に依頼される際には、そのこともしっかりと伝えるようにしましょう。

元が取れるホームページとは、勝算ができているホームページ

ホームページで元を取るためには、勝算がなければなりません。
パンフレットの延長上で制作したホームページには残念ながら勝算は見出せません。

それは、パンフレットはお客様にお出しするものであって、見込みのお客様に出すものではないからです。
お客様とは、御社に強い興味を持っておられます。そのため、気にしていただけやすいですが、見込みのお客様は御社に興味が0の状態です。
その方々に宣伝を行うのがホームページなのです。

興味0の方に、いかに興味を持っていただくか。
それが勝算です。

 


■まとめ

  • ホームページは経費でなく「投資」として考える
  • ホームページを作るからには少なくとも制作費分の元は取る
  • 元を取るためには勝算が必要

続きはまた次回。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。

このような記事も読まれています

ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。 微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。
ホームページのご提案もさせていただいております