xamppでEC-CUBE4の自動メール送信を実装する方法

 EC-CUBEシリーズの自動返信メール送信機能は、主にレンタルサーバー等の「sendmail」を使用して送信されます。

そのため、xamppデフォルト状態では、メールは自動送信されません。
今回は、EC-CUBE4側の設定で、xamppで自動メールが送信されるようにします。

※xampp側にsendmailを設定する方法もありますが、今回はEC-CUBE4側に設定します。

設定する場所

設定する場所は以下のファイルです。
/.env
25行目当たりのMAILER_URL: を設定します。

デフォルトでは以下のようになっています。

MAILER_URL=smtp://sendmail

設定する方法

この.envファイルのMAILER_URLを書き換えます。
そのためには、実際に動くメールアドレスが必要です。

例えば以下のメールがあるとします。(架空のメールアドレスです)

メールアドレス:test@domain-name-sample.com
パスワード:password
smtpサーバー: domain-name-sample.com
送信ポート:587

このメールアドレスを.envに以下のように設定します。

MAILER_URL=smtp://test@domain-name-sample.com:password@domain-name-sample.com:587?auth_mode=plain

これで、xamppで動かしても、自動返信がメールで送信されるようになります。
※メールサーバーの仕様によっては、この通りの設定でない場合があります。

あくまでもテスト用として

EC-CUBEの場合、動作テストで商品購入や、メールテンプレートの確認などしたい場合があります。大抵の場合は実機でやることになるのですが、テスト環境であるxamppでも確認できれば、実機の購入履歴や、商品在庫数を気にせずテストできます。

EC-CUBEも進化して便利になったものです。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております