ホームページで根拠を示せていますか?

2018年10月16日

ホームページで「つかみ」は非常に大事ですが、それは一時の「足止め」にすぎません。
ホームページで足を止めていただけたら、今度は「」が必要になるのです。

本日は、説得力についてお話いたします。

理想を理想だけで終わらせたらそれは「絵に描いた餅」

お客様に理想をお見せすることが、商売用のホームページでの第一歩です。
すなわち「つかみ」です。

しかし、説得力や根拠が示されていなかった場合、「理想論」だけを語るホームページということになります。

そのようなホームページは得てして「うさん臭さ」が出てしまいます。
うさん臭さを打ち消すコンテンツこそ「根拠・」なのです。

 

提案に対し実現可能な根拠を示す

提案はお客様に対して、魅力のあるものでなければなりません。
さらに、その魅力と同等の説得力も準備しなければなりません。

なぜ提案の内容が実現できるのか?
リスクはないのか?

そういったお客様の不安を一つ一つ解決してゆくことで、「」が生まれるのです。

 

お客様の立場に立って提案を見つめることが大事

自社の立場でサービスを見のと、お客様の立場でサービスを見るのでは、見え方が大きく異なります。自社目線はどうしても「ひいき目」で見てしまいがちです。

その誤差がお客様からすると、「わかりにくい」につながっているのです。

常にお客様目線で物事をとらえ、表現することが大事なのです。

 

続きはまた次回。

 


本日のまとめ

  • つかみだけでは絵に描いた餅
  • 「つかみ」と「根拠」はセット
  • お客様目線で見ることが大事

 

 

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。 鋭意ご対応申し上げます。
ホームページのご提案もさせていただいております