web技術は装飾であり、本質は別のところにある

ホームページ屋が陥りやすい失敗に、技術先行に走ってしまう点があります。
無論、HTMLは理系技術が必要なため、技術をしっかり身に着けることは大事です。
大事ではあるのですが、「結果を残す」ためには、技術だけでは実現できないのです。

 

終わりのない新技術

webに関連した新技術は絶え間なく出現します。
最近では、スマホに対応した「レスポンシブ」などが該当します。

webの新技術は、解説書籍が出ることには、新技術ではなくなっています。
そのため、あらゆる方法で新技術を取得することが必須となります。

そういったことを繰り返すうちに、技術について卓越してゆきます。
しかし、そこに落とし穴があるのです。

 

web技術は装飾であり、本質は別のところにある

ホームページ閲覧者のためのweb技術は必要ですが、閲覧者はweb技術を見るためにホームページを閲覧されるわけではありません。

このギャップを理解しているかどうかで、ホームページの良しあしが決まります。
つまり、お客様が見たいものを提供しようとしているか、していないかです。

技術に溺れてしまうと、「お客様が見たいもの」を見落としてしまい、「結果」が出ないホームページになってしまうのです。

 

技術以外の本質部分での制作

物づくりにおいて結果とは、成果物を作ることです。
しかしながら、ホームページ屋の成果物は、ホームページそのものではありません。

本質を見抜き、大事な部分をホームページに盛り込めるかが重要なのです。

 

続きはまた次回。

 

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております