集客を実現するためにSEOを泣いて切り捨てる

先日の記事でホームページの効果がでない理由について書きましたが、本日は要因の一つであるSEOの過信についてお話いたします。
SEO対策さえできていれば大丈夫と思っていませんか?

10年前と違うSEO事情

最近、SEO対策業者からのセールスが減っていると感じませんか?
これにはSEO事情が大きく変わったことが起因しています。

10年前のSEOは、パターンがあり「楽して順位を上げる」ことが可能でした。
しかし、検索サイトの技術進歩と判定基準の複雑化・高度化によりSEO勝利の方程式が崩壊いたしました。

SEOの商材価値が著しく低下し、SEO対策業者が軒並みシフトチェンジを行ったため、SEOセールスが減っているのです。事実、「SEO業者」と検索するとネガティブな記事が乱立し、有料広告に「SEO業者名」が表示されています。

SEOと検索しているのに、SEO業者のホームページが上位表示されていないのです。
SEOバブルは既にはじけました。
これが現在のSEOの状況です。

 

SEOは、検索サイトの仕様に大きく左右される

なぜSEOバブルがはじけたかというと、検索サイトの大型アップデートによる要因が大きいです。
10年前、被リンクを稼ぐと順位が上がる方策は、現在では順位が下がります。
小賢しいのSEO対策もペナルティ対象になる可能性があります。

昨日の常識が今日の非常識となる。

こんなことが当たり前のように起こっているのです。
SEO勝利の方程式がなくなったからこそ、SEOを過信するのは失敗の元なのです。

なぜならば、検索サイトは、表示順位を公平に判断するために、あらかさまなSEO対策を排除することを心掛けているからです。

 

現在のSEOのキーワードは「コツコツ・努力・積み重ね」

検索サイトの本分は、利用者の利便性向上です。
この点においては、10年前と同じです。
変わったのは、その採点方法です。

検索サイトは、真面目で一生懸命なサイトを優遇します。
それは、日々手間のかかる作業をなまけずに努力し、こつこつと積み重ねたホームページです。

体面的なSEOを切り捨て、ホームページの充実に力を入れることが、真のSEO対策になっているのです。

もし、SEOにこだわっておられるならば、そのこだわりをホームページの利用者様の利便性向上にシフトされることをお勧めいたします。

 


まとめ

  1. SEO対策自体がすでに崩壊している
  2. 検索サイトは常にSEO対策排除を心掛けている
  3. 手間暇かけることがSEO対策となる

 

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。

このような記事も読まれています

ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。 微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。
ホームページのご提案もさせていただいております