HTMLコーディングが不要なホームページ更新方法

前回の記事で、更新しやすいHTMLコーディングについてお話いたしました。
HTMLコーディングができる方ならば、ホームページを直接更新することが可能です。

しかし、店舗や会社のご担当者様が必ずしもHTMLの直接更新ができるとは限りません。
その場合はどうすればよいのでしょうか?

今回は、HTMLを必要としない更新方法についてです。

 

更新とはそもそも新しい情報の提供が重要で、
HTMLの更新技術はさほど重要でない

「HTMLは難しいですね。」というようなお話を伺うことがございます。
それはそうです。HTMLはプログラミングとは異なりますが、専門技術であることには変わりありません。

既存のホームページを更新して、新しい情報を入れたいけれども、業者でなければ更新できない。
しかし、費用はかけたくない。

こういったお悩みを抱えておられるかたが多いかと思います。

HTMLは難しいから更新できないことがネックとなっていますが、集客向上の観点からすると、新しい情報を提供することのほうが重要で、HTMLにどう反映するかは2の次なのです。

とはいっても、やり方がわからない。
というジレンマが発生します。

 

「文字さえ入力すれば更新できる」
そんな更新手法の導入を考える

更新する文章を打ち込むことはできる。
ただ、HTMLの記述方法だけがわからない…。

どなたでも、普通はそうです。
HTMLに惑わされて、更新ができないと悩むより、HTMLを考えなくても更新ができる方法をとるほうが良いのではないでしょうか?

そこで導入を検討するのが、「動的ページ」です。

動的ページとは、管理画面から文章を入力するだけで、ホームページを更新してくれるツールです。リアルタイム反映され、HTML技術不要で更新ができるため、HTMLがわからないという方に向いています。

 

業者との打ち合わせでは、必ず更新の手順を打ち合わせしましょう

ホームページの内容について業者と打ち合わせされる場合に、ビジュアル面・デザイン面が内容の中心になりがちですが、集客を実現するのは「新しい情報の提供」です。
ホームページのデザインを見たいからアクセスされる方というのは、御社の商品への興味が薄いものです。

それよりも、御社の商品に興味のある方のためのサービスを提供されるほうが、集客向上、売上向上につながります。

ホームページ業者と打ち合わせされる際には、更新方法について必ず確認しておきましょう。
その都度有料対応なのか? 動的ページを盛り込むのか?
方法はいろいろございますが、更新が止まることのないようにしましょう。

 

以下は、宣伝で恐縮ですが一読いただければお役に立ちます。

動的なページの代表格として、「ワードプレス」がございます。
ブログ構築用のツールで、動的ページへの転用もされています。
かなり有能なツールではございますが、多機能すぎて使い方がわからないという声もお伺いします。

私どもでは、直感で操作方法がわかる動的ページもご用意しております。
用途に合わせてカスタマイズ対応申し上げます。

 


本日のまとめ

  • 更新は中身が大事で、更新手段は2の次
  • HTML技術不要の更新方法がある
  • ホームページ業者とは、更新の手順について打ち合わせをすることが大事

 

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております