アナリティクスの「これ何?」

Google アナリティクスは、日々アップデートを繰り返し、少しずつ管理画面が変化していますが、「あれこれ何だろう?」と思った部分がありましたので調べてみました。

 

疑問1:この点線なんだろう?

Googleアナリティクスホームに表示されるグラフは、ユーザー数や、セッション数の推移を表していますが、付随して点線が表示されています。

この点線って何?
と思って調べてみたところ、「過去比較」の線でした。

つまり、過去7日間のグラフを表示したら、7日前のデータが点線表示され、90日間のグラフ表示をした場合は、90日前のデータが点線で表示されていました。

上記のグラフは過去7日間の推移で、点線は1週間前の推移ということになります。
見た感じ、同じような線を描いています。

真ん中でへこんでいるのは、ブログの更新をしなかった日です。
毎週土日は更新していないため、その結果が顕著に現れています。

 

疑問2:アクティブユーザーの月別だけなぜ右肩上がりなのか?

アクティブユーザーとは、一定期間内に1回以上のアクセスのあったユーザー数のことです。
日別であれば、1日に1回以上アクセスのあったユーザー数。
週別であれば、7日に1回以上アクセスのあったユーザー数。
月別であれば、1カ月に1回以上アクセスのあったユーザー数ということになります。

ここで疑問に思ったのは、日別のアクティブユーザーの推移は横ばいなのに対し、月別の推移が極端な右肩上がりです。

普通に考えると、日別が横ばいならば、月別も横ばいな感じがするのですが、なぜ月別だけ横ばいではないのか?

調べてみました。
月別は約30日に1回以上アクセスされた方の累計。
一人の人が2回アクセスしても100回アクセスしても1回とカウントされます。

日別が横ばいということは、1日当たりのアクセスユーザー数は一定であることがわかります。
それに対し、1か月のアクティブユーザー数が伸びているということは、過去1か月間にアクセスされた人数が増加したということになります。

つまり、ほぼ毎日違う方がアクセスされているということです。
逆を言えば、アクセスはあるけれども、リピーターが少ないということです。
だから日別は横ばいで、月別は右肩上がりになります。

 

見方がわかってくると、アナリティクスが楽しくなります。

アナリティクスは、表示される数値が何を意味しているのかさっぱり分からず、見ていてもつまらない印象でしたが、毎日見るようにすると、少しずつ疑問がわくようになり、調べてみると「なるほど」と思うことが増えてゆきます。

アクティブユーザーの例のように、「なぜこんなグラフになるのか?」を調べると、原因がわかります。

推理が好きな方には、アナリティクスのグラフはともて面白いかもしれません。

忘備録として残します。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております