明るいのにISOを上げる意味を調べた

 一眼レフの撮影テクニックを上達させる近道は、私は「模倣」だと思います。
プロの方のやり方をまねて実践し、上手くいかない部分の原因を突き止める。
模倣と失敗と改善を繰り返すことで、ちょっとずつ上達してゆきます。

私は普段からプロの方の動画を見て、撮影の模倣をしています。
当然、簡単にはうまくはいきません。
上手くいかないから、疑問を意識してまた見ます。

そんななか、いつものように動画を見ていたら疑問に感じることがありました。
それは昼間の撮影で十分な光量があるのに、ISOを上げて撮影されておられました。

私からすると、400でシャッター速度を上げるより、100でシャッター速度を下げたほうが画質が良いのではないかと感じたからです。

ということで、実際に撮影して比べてみました。

同じ露出になるように、ISOとシャッター速度を変化させて撮ってみました

マニュアル撮影で、露出が同じになるように手動調整しながら、ISOを上げて撮影してみました。

同じ露出の場合、ISOの変化があるのかを見るためです。
ノーフラッシュ、1.4で試してみました。

ISO100 1/250 秒。

1/250 秒。 f/1.4 50 mm ISO 100

まずは1枚目を取りました。
ISO100なので、基準となる1枚です。

ISO200 1/640 秒。

1/640 秒。 f/1.4 50 mm ISO 200

露出手動設定の誤差で、少し暗くなりましたが、ISO200に上げても、違いはあまり感じられません。

ISO400 1/1000 秒。

1/1000 秒。 f/1.4 50 mm ISO 400

ISOを倍の400に上げてみました。
画質優先であれば、ISO400が限界値ともいわれています。
ただ私の目には、さほど違いが感じられませんでした。

ISO800 1/2000 秒。

1/2000 秒。 f/1.4 50 mm ISO 800

昼間ならばほぼ設定することのないISO800に上げてみました。
拡大すると画質荒れがわかりますが、このくらいであれば、画質の荒れはわかりません。

ISO800にしても、ISO100とさほど違わないように見えます。

4枚並べてみました。

手動設定による誤差はあるものの、明るいときにISOを上げても大きな変化は見られませんでした。

F値8でも試してみました。

F値を上げてみたらどうなるだろうと思い、F値8でも試してみました。
ISO100、ISO200だと手振れギリギリだったので、やむなく露出を下げました。
それをかんがみても、ISOの変化によって、特に大きな違いは見られませんでした。

検証結果:同じ露出ならISOを上げても下げても同じ

 ISOを上げてもシャッター速度調整で露出が同じになる場合、どのISO設定でも同じ写真になることがわかりました。

それではなぜ、プロの方は十分明るい昼間にISOを上げていたのでしょうか?

検証撮影して気づいたこと

今回室内撮影、ノーフラッシュでしたが、照明を追加しかなり明るい状況で撮影しました。

F1.4の時は気づきませんでしたが、ISO100、F8にしたときに「手ブレ」が発生しました。
私はこういったときは、F値を下げて「開放」し露出調整をしていました。

でもプロの方はF値を変更させないためにISOを上げていたのではないでしょうか?

ISOを上げれば、シャッター速度を下げずに済みます。
つまりF値をキープできるということです。

ISOって「明るくする機能」という印象でしたが、今回調べたことで「シャッター速度とF値を補う機能」ということがわかりました。

プロの方はシチュエーションや、状況によってF値を選択されます。
明るさ調整のためのF値ではなく、美しく撮るためにF値を適正に合わせます。

暗いからと言ってF値を下げるのは「妥協」ということなのだとわかりました。
まずはISOで調整し、適正F値をキープすることが肝心。

だから、プロの方は明るくても適正F値とシャッター速度をキープするためにISOをあえて上げているのだと理解できました。

実際に自分でやってみて、気づきで理解できることもカメラにはあります。

撮影技術に関する記事を以下にまとめています。
またご参考になれば幸いです。

撮影技術に関するレポート一覧

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。 鋭意ご対応申し上げます。
ホームページのご提案もさせていただいております