露出補正を使って暗い写真を明るく撮影する

 ホームページ用に写真を撮影してみたものの、「少々暗い」ということがしばしば起きます。Photoshopで補正すればそれまでですが、理想は「補正なしで適正な明るさ」です。

今回は、写真撮影の明るさについて考察をしてみます。

微妙に暗い写真とはこんな写真です。

部屋の照明をつけて、ISO:100、露出 0.0 で撮影しました。
Photoshopで補正できるレベルですが、何か暗いです。

ISOで調整してみた結果

暗いといえば夜です。
夜の撮影時は、ISOを上げます。
それに倣って、ISOの値を上げて撮影したものがこちら。

ISO:400

ISOの値を100→400へ上げて撮影してみましたが、思ったより明るくありません。さらにISO値を上げてみました。

ISO:800

ISO値を800に設定してみました。
少し明るくなりましたが、それでもまだPhotoshopで補正が必要なレベルです。

フラッシュを使用して撮影しているのですがどうやら、フラッシュ利用時は、ISOの効果はさほど無いようです。

今度は露出を変化させて撮影してみました。

ISO調整ではうまく明るくできなかったため、露出補正で調整してみることにしました。

まず、露出補正+0.0(補正なし)の写真がこちら

露出補正なし

少し暗いので、+露出補正で調整します。
その写真がこちら

露出補正 +1.0

露出補正を+1.0にちょうどよい感じに明るくなりました。
試しに露出補正を+2.0で撮影してみました。

露出補正 +2.0

今度は明るくなりすぎて、「光割れ」が発生しています。
Photoshopで暗くする補正が必要なレベルです。

昼間の撮影で写真が暗いと感じた場合は、「露出補正」を使うと良い感じに撮れることがわかりました。ただ、やみくもに明るくすればよいというわけではなく、「適切な調整」が必要です。

露出って何?

露出とは、撮影時にカメラが取り込む光の量のことを示します。
取り込む光の量が多いと明るくなり、少ないと暗くなります。

光の量を多くする方法として、「1.絞りを開く」「2.シャッター速度を遅くする」という方法があります。

絞りを開くとは、シャッターの開く大きさを広くして、一度に入る光の量を多くします。特色としては、シャッター速度が短くてすみます。

シャッター速度を遅くする方法は、長時間シャッターを開くことで、トータル的に光を取り込む補法です。特色として、「絞りが小さくても大丈夫」ということがあげられます。

写真を撮影する際には、暗すぎず、明るすぎず撮影することが大事です。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております