価値はホームページで表現してこその価値。

2018年10月16日

自社の価値を見出すことは、灯台下暗しの如く自身では気が付かなかったりするものです。
価値を見出し、価値を商材にするには、手間と労力がかかります。

そんな苦労をさせれて見出した価値も、ホームページでは正しく表現しなければ伝わりません。
リアル店舗では、一度体験すれば説明がなくとも、店舗独自の価値が自然に伝わります。
しかし、ネット上では正しく表現しなければ伝わりません。

なぜならば、ネット上ではリアル店舗の体験はできないからです。

 

自社・自店舗の価値を知っていてもホームページにはなぜか表現されていないケースが多く見受けられます。

お店や、店舗を拝見すると、自社・自店舗の価値を体現・表現されておられるのに、ホームページには自社・自店舗の価値に触れられていないケースが多々見受けられます。

自社・自店舗の価値を理解されておられるにも関わらず、なぜホームページには盛り込まれないのか?要因として、次のケースが考えられます。

■ホームページ構築専門業者に依頼されるケース

ホームページ制作業者には「構築専門」と「広告+構築専門」の業者があります。
建物を制作することに置き換えると、構築専門業者は、建物を建築する施工業者です。
建築施工業者は、建物を建築したあと、その建物での営業活動や、商売については口出しされません。当たり前のことです。

商売や、営業活動に関するアドバイスは、経営コンサルタントに依頼するのものであり、建築施工業者には依頼するものではありません。

ホームページとは「構築」と「広告」が合わさっているからこそ、構築専門業者に依頼されても、営業や、商売についての自社の「価値」が盛り込まれることはありません。

でもそれは、構築専門業者の責任とは言えない部分がございます。
なぜならば構築専門業者に商売用のホームページを依頼される場合は、経営コンサルタントに依頼してからでないと、価値を盛り込んだホームページ制作が困難であるためです。

■ホームページ営業活動の方法を知らなかったケース

ホームページとは、制作後置物のように置いておけばそれでよい。
そんな感覚があるかと思います。

確かに、ホームページは存在するだけでも意味があります。
しかし、ホームページでの営業活動を行えばもっと意味のあるものになります。

なぜそうされないのかは、理由は明白で、リアル店舗での営業活動の方法はわかるけれども、ネットの営業活動の方法がわからないためです。

事実、不特定多数に営業メールを送っても、スパムメール扱いされますし、何より正しいルールを守らなければ、違法行為になります。

ではどうすればよいのでしょうか?

答えは、御社の価値をホームページ上で表現すればよいのです。

ホームページに有益な情報があれば、人さまはそのホームページにおのずと集まってこられます。
どのような商売にも一定数の需要がございます。
その需要に価値を上乗せしてこそネット営業活動といえるのです。

 

具体的に「価値」をホームページに盛り込む方法

自社・自店舗の「価値」を理解している状態で、「価値」をホームページに盛り込む方法は、「価値を言葉に置き換える」ということです。

ネット上では、リアル店舗でのサービスを体験することができないため、サービスが良いとか、店員の対応が良いなどの「価値の体験」をすることができません。

体験できないことを、超能力者のように「感じ取ってください」「推察してください」とお客様に期待するのは、無茶というものです。

ITの根幹は「情報」であり、情報とは「言葉」です。
絵にも情報が含まれていますが、絵だけでは何のことかサッパリ伝わりません。
事実、店先の写真を1枚ホームページに飾り、説明や文章が一切ない場合、意味が分からず痛いホームページ扱いされてしまいます。

店先の写真を飾るならば、合わせてお店の価値を言葉で表現してこそお客様に伝わるホームページとなるのです。

商売用のホームページは、芸術作品ではありません。
お客様は、御社の商品の価値を知りたくてホームページを見に来られます。
なのに、肝心の情報を掲載しなかったら、お客様は同業他社のホームページを見に行かれてしまうのです。

 

価値を伝え、お客様の行動を促すことがホームページ営業の神髄

宣伝広告とは、お客様の知っておられない情報をお伝えし、価値を理解していただき、商品を購入していただく、またはお店に足を運んでいただくことです。

商売用ホームページも同様で、最終的には売り上げにつなげなければいけません。
そのためには、お客様の行動を促す「工夫」が必要です。

しかし「工夫」の方法とは、お店、店舗、会社ごとに異なります。
宣伝すべき価値と、商品、お客様などあらゆる情報を交えながら考えることが大事なのです。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております