outlook.com予定表とoutlook2019を同期する方法

 私は予定を入力するときは、outlook2019の予定表を使っています。
昔からの慣れもありますが、ブラウザで入力するより使いやすいということもあります。

その際に、outlook.comと連携させて使っています。スマートホンとスケジュール表を連動させるためです。

ところがoutlookのプロファイルが壊れて、設定を最初からやり直したのですが、outlook.comとoutlook2019のカレンダー同期だけうまくできませんでした。

いつものごとくググるのですが、outlook.comの仕様が古い時の物ばかりで、outlook2019では設定できませんでした。

試行錯誤して設定できましたので、忘備録として記録いたします。

outlook.comのメールとは同期できても、カレンダーは同期しない。

outlook.comのカレンダーとoutlook2019のカレンダーを同期させるためには、outlook2019にoutlook.comのメールアドレス(〇 〇 〇 〇 〇 @outlook.jpなど)のアカウント追加をする必要があります。

以前の経験から、追加を試みました。
メールは同期するものの、カレンダーは同期してくれませんでした。

この時は、IMAPでoutlook.comのメールを追加しました。
メールは普通に送受信できます。
でも、予定表はさっぱりです。

ググると、Exchangeにしないと同期しないようなことが出てきたので、Exchangeでoutlook.comのアカウントを再設定してみました。
それでも、カレンダーは同期しませんでした。

outlook.comのメールは、自動設定で追加ないとカレンダーは同期されない。

いろいろ試行錯誤してわかったことは、outlook.comのカレンダーを同期するためには、outlook2019の「自動設定」を利用して追加しなければならないということでした。

ただ、自動設定といっても、outlook2019アカウント情報からはoutlook.comのアカウント追加はできません。

ではどうすればよいかというと、コントロールパネルのメール設定からoutlook.comのアカウント追加を行えばよいのです。

カレンダー同期設定アカウント追加のやり方。

この設定を実行するためには、outlookアカウント設定を開く必要があります。開き方は、以前の記事ですが、「 outlookアカウント設定画面の開き方 」にまとめてあります。お手数ですがご参照いただければ幸いです。

この設定をやる前に、outlook2019は必ず終了させてください。

アカウント設定を開いたら、まず「新規追加」をします。

次に、outlook.comのメールアカウント設定を入力します。
注すべき点は以下の3つです。

  • 手動設定ではやらない
  • メールアドレスは、@outlook.jpのメールアドレスを入力する。
  • パスワードはoutlook.comを開くためのパスワードを設定(2段階認証用を入れる必要はない)

私は、パスワードの入力を間違えて何度も失敗しました。
outlook.comのパスワードは2段階認証にしており、outlook2019など2段階認証作業ができないアプリの場合は、マイクロソフトの自己アカウントページから、2段階認証パスワードをGETしてくる必要があります。

私は2段階認証パスワードを入力して何度もエラーになりました。
2段階認証を設定していても、outlook.comを開くためのパスワード入力だけでOKだったのです。

次へを押すと、自動設定が始まります。

ここからはoutlook2019が自動で設定してくれます。
2、3分待つと完了しました。
終わったら、完了ボタンを押して設定完了です。

outlook2019を起動すると、初回同期作業が動きます。

同期が完了するまで10分ほどかかり、終わるとoutlook.comとoutlook2019のカレンダーが同期していました。

outlookは便利だけれども設定が難しい

outlookは使い勝手はよいのですが、初期設定が昔から難しい側面があります。
特に同期設定は、スマホとの連携の重要な部分です。しかしながら、outlook2019とoutlook.comの同期方法について解説したページが見当たらず難儀しました。

今回はググっても答えが見つからず、トライ&エラーで正解にたどり着くことができました。

本記事がお役に立てば幸いです。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております