カメラに写る黒い点をお店でクリーニングしてもらいました。

 写真を撮影していると、黒い点が写っていることがあります。
レンズのごみというわけではなく、どうやっても消えません。

今回対処してまいりましたので、レポートいたします。
またご参考になれば幸いです。

現象はこのような感じです。

カメラの黒い点は、絞りを狭く(F値を大きい値)にするとよくわかります。
とりあえずF値優先モードで、F値を22にして白い紙を撮影します。

F値の値を大きくすると、黒い点が目立つように撮影できます。
手ぶれしても関係ありません。
コピー用紙など白いものを映します。

机の上に白い紙をおき、絞りを小さく(F値を大きく)して撮影します。
この方法で写したものがこちら。

黒い点が写り込んでいます。

詳しく見てみると、思ったよりたくさんあります。

原因はイメージセンサーに付着したゴミ

 デジタルカメラは、レンズからの画像をイメージセンサーが認識して、画像データに変換します。一眼レフだと、本体ミラーの裏側にあります。

レンズ交換や経年劣化でほこりなどがカメラ本体に入り、それがイメージセンサーに付着し「黒い点」となって映り込むようになります。

これが「黒い点」の正体です。
何とかするためには、イメージセンサーに付着したほこりを取り除かなくてはいけません。

イメージセンサーに付着したほこりを取り除く方法は大きく2つの方法があります。

イメージセンサーをきれいに清掃すれば黒い点は写らなくなります。
その方法は大きく2つあります。

  1. 自分で清掃する
  2. お店でやってもらう

カメラのイメージセンサーは、カメラの心臓部というべきデリケートな部分であり、指紋をつけただけでも致命的な損傷になります。

自信ががない場合は、お店でやってもらうのが無難です。
ちなみに私は自信がなかったので、お店でやってもらうことにしました。

疑問:どこのお店でイメージセンサークリーニングをやってもらえるのだろう。

ここで疑問がわきました。
カメラをどこへ持ち込めば、イメージセンサーをクリーニングしてもらえるのでしょう。

私のカメラはニコンなので、まずはニコンのホームページを探してみました。
イメージセンサークリーニングに対応している旨の記載がありましたが、このようなことが書かれていました。

対応してもらえるサービスセンターが日本に4か所しかありません。
しかも、富山からは遠すぎて行けません。

何か他に手はないかと思ってググってみたら、「カメラのキタムラ」で対応していることがわかりました。店舗検索からイメージセンサークリーニングに対応している店舗を探すことができました。

富山県では3店舗ありました。
一番近いのは、高岡・鐘紡店。
車で普通に行ける距離です。

カメラのキタムラ高岡・鐘紡店に行き、イメージセンサーのクリーニングをしてもらいました。

やってきました。高岡・鐘紡店

お店の人に「イメージセンサーのクリーニングをお願いしたいのですが・・」と言ってみたところ「はいわかりました。」と思ったより簡単にやっていただけました。

「結構汚れてますねー。」
と言われましたが、
「何とかなるでしょう。」
ということで、クリーニングしていただきました。

待つこと1時間。(本当はもう少し早く仕上がったらしい。)
結構気になっていた黒い点が跡形もなく消えました。

黒い点が跡形もなく消えました。

見事に黒い点が消えました。
やはり、専門の方にクリーニングしてもらってよかったです。

料金は3,000円+消費税でした。

気になるイメージセンサーのクリーニング代ですが、3,000円に消費税込みで3,300円でした。

自分でクリーニングするためのツール「ペンタ棒キット」が2,800円くらいなので、リスクを考えるならお店でやってもらうほうが良いと感じました。

帰りがけにさっそく撮影してみました。

高岡・鐘紡店の近くに、おとぎの森公園があったので、早速撮影してきました。
青空を撮っても、黒い点が付かなくなりました。
気持ちが晴れ晴れとしました。

一眼レフで写真に写る黒い点は、かなり気になる現象ですが、お店に依頼しても安価でクリーニングしてもらえることがわかりました。

これからは、カメラのメンテナンスにも気おつけてゆきたいと思います。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております