パソコンが「重い遅い」を何とかする3つの方法~Windows10~

2019年10月31日

 普段仕事でパソコンを使いますが、最近重たくなりIllustratorやPhotoshopを使っていると、文字を一文字打ち込むのでさえ重くなりました。

一応メモリは8GB積んでいますが、仕事に影響がでるくらい重いのでググって対策してみました。

改善が見られた3つの方法を忘備録として記録します。

改善策①:SysMain(旧SuperFetch)を無効にする

SysMainとは

よく使うアプリやソフトを調べ、事前にメモリを使って準備しておき、すぐに起動できるようにしてくれる機能。

SysMainそのものは、快適にパソコンを動かすための機能です。
ただ、そのためにメモリを消費するため、8GB程度のメモリではあっという間に枯渇します。

「ミイラ取りがミイラ…」的な状態になります。
そこで、この機能を無効にします。
やり方は以下の通りです。

①~②コンピューターの管理ウインドウを開く

まずコンピューターの管理ウィンドウを開きます。
画面左下のウィンドウズマークを右クリックし、「コンピューターの管理」をくりっくします。

③~④サービスからSysMainウィンドウを開く

コンピューターの管理ウィンドウが開いたら、「サービスとアプリケーション」の部分に「サービス」がありますので、クリックします。
右側にサービス一覧が表示されますので、「SysMain」を探しダブルクリックします。

⑤~⑦SysMainを無効にして停止する

SysMainウィンドウが立ち上がったら、「スタートアップの種類」を「無効」にします。さらに、「サービスの状態」の停止ボタンを押して、SysMainを停止し、OKボタンをクリックします。

この機能は止めても大丈夫です。後から設定戻すこともできます。

最後にパソコンを再起動して完了です。

SysMainの設定が完了したら、パソコンを再起動します。
SysMainが無効になった分、メモリが空きます。

改善策②:バックグラウンドで動くアプリを減らす

2つ目の改善策は、バックグラウンドアプリを減らすことです。
バックグラウンドアプリとは、使っていない時でも、いつでも動けるように待機したり、準備したりする機能です。

事前準備はありがたいのですが、やはりメモリを消費します。
普段全く使わないアプリが密かにメモリ消費しているのは、何かしゃくです。
なので、そういった無駄なメモリ消費を抑えます。

やり方は以下の通りです。

①Windows設定を開き、プライバシーメニューを開く

ウィンドウズの設定を開き、プライバシーをクリックします。

②~③バックグラウンドアプリ画面を開く

左側のプライバシーメニューを下方向へスクロールし、バックグラウンドアプリをクリックします。

④不要なアプリのバックグラウンド実行をオフにする

バックグラウンドアプリ一覧が表示されますので、不要なアプリをオフにします。全部オフにしたからと言って、パソコンが動かなくなったり、アプリが消えたりということはありません。

ちなみに私は、「セキュリティ」と「Office」を除いてすべてOFFにしました。

改善策③:メモリを増設する

上記二つの改善策で、多少の改善は見られましたが、根本的な原因は「メモリ不足」です。ならばということで、メモリを買い足しました。

もともとの8GBに16GBメモリを増設し、24GBにしました。
とてもサクサク動くようになりました。

パソコンというものは、お金をかけると速くなるということを改めて実感しました。

メモリを買う前に検討すべきこと

パソコンのメモリは多いに越したことはありませんが、メモリはそこそこ高価なもののため、買う前に以下の事柄に該当していないかチェックしましょう。
一つでも該当すれば、せっかくメモリを買っても、効果が出ないことが予測れます。該当する場合は、メモリを買ないほうが無難です。

  • 購入して5年以上経っている
  • HDDを搭載型のパソコンである(SSDを搭載していないパソコン)
  • Windows10でない(Windows8、Windows7である)
  • 電源を入れてパスワード入力画面表示まで3分以上かかる
  • 国内メーカーのパソコンである

※HDD搭載パソコンの場合、重い原因がHDDである可能性があります。その場合は、SSDに交換することで解決します。

※ある程度古いパソコンの場合、Windows10がサクサク動くためのハードウェア条件を満たしていない可能性があります。その場合メモリを足したくらいでは高速化を望めません。

※起動が遅いパソコンは、重い要因がメモリ以外のところにもあります。メモリを足しても別の要因を直さない限り軽くなりません。

※国内メーカーのパソコンの場合、メモリがメーカー純正品しか設置できない場合があります。非常に高額なため、それならパソコンを買い替えたほうが良いという場合があります。

また本記事がお役に立てば幸いです。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております