ビジネス年賀状に手間をかけない方法

2019年10月17日

そろそろ年賀状の季節ですが、商売をさせていただいていると、年賀状の準備も大事な仕事になります。
しかし忙しい師走だけに、年賀状に時間を取られているわけにも行きません。
素早く終わらせる方法をご案内いたします。

ズバリ印刷業者を利用する

任せるだけでよいので、手間がかからずさらにビジネス面でもメリットがあります。

メリット①:仕上がりが格段に違う
家庭用プリンタに比べ、インクの品質が違うため、手触り感など素人目にも違いがはっきり出ます。

メリット②:ミス印刷が発生しない
家庭用プリンタで印刷すると、何枚かは印刷ミスしてしまいます。
また傾いたり、汚れがついたりなどしてしまいがちですが、業者印刷であればそのようなことがありません。

メリット③:商売としての丁寧さがでる
商売用の年賀状ですので、品質が良いと、自社の品質も良いように感じていただけます。

コスト面でも家庭プリンタとそんなに変わらない

業者印刷すると、100枚でハガキ代金込みで約12,000円ほどで、内はがき代5,200円、印刷代金6,800円となります。
対してプリンタははがき1枚当たりのコストは約10円ほどで、100枚であれば1,000円ですが、実際はそうではありません。

年賀状シーズンになったら、1色1,000円ほどのインクを7色×2セットほど購入していませんか?
100枚も印刷していたら、必ずどれかのインクがなくなります。
結果的にはがき代も含めて20,000円ほどのコストを上年賀状のために使ってしまっているのです。

さらに、デザインを用意し、自分で印刷する手間コストもかかっているのです。
一見家庭用プリンタで印刷するほうが安いように感じますが、その実態は、インクメーカに対価を支払って自分で印刷しているのです。

本当のコストを見極める目が大事

「印刷業者のほうが高いでしょ。」というのは印象だけで根拠がありません。
実際にかかるコストをめんどくさがらずに計算すると、どちらが安いかがはっきり出ます。

このことに気づいてからは、家のプリンタは宛名印刷用になりました。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。 鋭意ご対応申し上げます。
ホームページのご提案もさせていただいております