イルミネーションを玉ボケで美しく撮影する

1/100 秒。 f/2.8 50 mm ISO 800

 ホームページ制作での撮影は大抵昼間です。
日の明るい時のほうが、建物、室内等きれいに撮れます。

ただまれに夜の撮影というものもあります。
夜景など「灯り」を撮影するような場合です。

今回は夜の撮影練習のため、イルミネーション撮影に行ってきました。
会場はチューリップ公園です。
「キラキラミッション」と呼ばれる12月限定のイルミネーションイベントです。
※現在は終了しています。

試行錯誤しながら、夜間撮影を実践してみました。

イルミネーション撮影のコツを調べました。

夜間は暗いので、光を集約して撮影するカメラからすると、構造上苦手なシチュエーションです。

今回は三脚なしでの撮影のため、事前にイルミネーション撮影のコツを調べました。
それがこちらです。

  1. 実際に見えるよりも明るく撮る
  2. F値(絞り)は可能な限り低く(開放)
  3. 玉ボケを作ってファンタジーに撮る
  4. ホワイトバランスを任意で調整する

実際より明るく撮る/F値を低く(開放する)

イルミネーションは肉眼でみると、思ったより暗いものです。
でも写真に撮るときは、少し過剰なくらい明るくするときれいに見えるというものです。

例えば肉眼では以下のように見えるイルミネーションも、

1/100 秒。 f/2.8 50 mm 

F値を低く開放すると、こんな風に写ります。

1/100 秒。 f/1.4 50 mm

リアルに撮るより、明るく撮ったほうが美しく見えます。

玉ボケを作ってファンタジーに撮る

イルミネーションはピントが合わないと、玉ボケになります。
あえてピントをずらすことで美しく撮れるケースがあります。

例えば、以下のようなピントがきっちりあった写真は、イルミネーションだと何か物足りない感じがします。

1/60 秒。 f/2.5 50 mm

これを、あえてピントをボケさせることで、玉ボケを作ると、柔らかいファンタジーな感じになります。

1/60 秒。 f/1.4 50 mm

イルミネーションはピントをずらしたほうが良い場合があるということです。
玉ボケも少しだけぼかす場合と、大きくぼかす場合でイメージが大きく変わります。

玉ボケはオートフォーカスだとピントが合うので、あえてマニュアルフォーカスでボケさせる方法があるということでした。

これらを踏まえてさっそく撮影してみました。

イルミネーション撮影は季節柄とても寒いです。
かなり暖かい恰好でいかないとしんどいです。

入り口から公園を目指して歩いてゆきました。

1/80 秒。 f/1.4 50 mm ISO 500

入り口は光の柱状態でした。
1枚撮りました。
これは少しリアルすぎたかもしれません。
もう少しボケさせて撮ればよかったなと思います。

この時点では玉ボケをうまく作れていませんでした・・。

イルミネーションは明るいほうが良いけど、明るくしすぎるとイマイチになります。

途中の青いLEDがちりばめられた遊歩道がきれいだったので1枚撮りました。

1/60 秒。 f/1.4 50 mm ISO 3200

明るいほうが良いと思い、ISOを思いっきりあげたのですが、画質が荒れてしまい、雑な感じになってしまいました。

明るく撮ることは大事ですが、明るすぎると帰ってよくないということを体験しました。

ISOをあえて下げて撮影してみると、幻想的な感じになりました。

明るすぎるので、ISOを下げて撮影してみました。
それがこちらです。

1/125 秒。 f/1.4 50 mm ISO 200

手前にピントを合わせ、背景を軽い球ボケ状態にしてみたところ、幻想的感がでました。

1/80 秒。 f/1.4 50 mm ISO200

アングルを変え、前ボケさせて撮ってみたところ、面白い感じになりました。

ケースバイケースだとは思いますが、今回の場合は黒の背景が「真っ黒」になるほうが、明るく撮るより綺麗に撮れました。

・前ボケを応用して1枚。

1/80 秒。 f/1.4 50 mm ISO400

青いイルミネーションを前ボケさせて、池の中の雪だるまを撮ってみました。
なにか良い感じです。

広角で構図を広くすると解放感がでました

メインランドマークのチューリップタワーを撮影しました。

1/100 秒。 f/1.8 50 mm ISO1000

明るく撮るためにF値1.4の単焦点レンズを使用していたのですが、50mm(フルサイズ75mm相当)のため、画角がせまく、画面いっぱいになってしまいました。

そこで、F値は大きいのですが広角レンズに変えて撮影してみました。

1/60 秒。 f/4 10 mm ISO 1600

F値の開放に限界のあるレンズのため、ISOを思いっきり上げて撮影してみました。

広角レンズも面白い写真が撮れます。

ホワイトバランスの調整で色を変化させる

チューリップ公園の正門には、西洋風な飾りつけがされたイルミネーションが光っていました。

イルミネーションは寒色系と暖色系のものがたくさんあります。
ホワイトバランスを暖色系にすると、暖か味のある写真になります。

1/100 秒。 f/5 15 mm ISO1600

これはこれで綺麗なのですが、なんか色が薄い感じがしました。
そこで、ホワイトバランスで「暖色」を強くして撮影してみました。

1/60 秒。 f/4 10 mm ISO1000

好みが分かれる部分かもしれませんが、私は暖か味のある配色のほうが綺麗に感じます。

今回は寒い中での撮影でしたが、露出やISOの調整に四苦八苦しながらの撮影でした。

見た目の華やかさが良いものほど、撮影は難しいということを実感いたしました。

撮影技術に関する記事を以下にまとめています。
またご参考になれば幸いです。

撮影技術に関するレポート一覧

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。 鋭意ご対応申し上げます。
ホームページのご提案もさせていただいております