Javascript の二次配列

Jqueryでコーディングする際に、二次配列が使えれば簡単なんだけれども・・・
というような事象がありました。

Javascriptには、配列の概念があることは知っていましたが、二次配列を実現できるのかと思い、調べてみたところ、できることがわかりました。

PHPで記述するとこんな感じの配列

// PHP 二次配列定義
$buff = array
(
array(“no”=>1, “title”=>”タイトル1”),
array(“no”=>2, “title”=>”タイトル2”),
array(“no”=>3, “title”=>”タイトル3”)
);

// 使用例
$title = $buff[0][“title”];

// ループ使用例
foreach($buff as $record)
{
$title = $record[“title”];
}

C言語には、構造体という概念があります。
データレコードの配列を定義するのに重宝しますが、PHPには構造体の概念がないため、二次配列で代用したりします。

上記の内容をJavascriptで表現するとこんな感じです。

// 定義
var buff =
[
{ no: 1, title: “タイトル1”},
{ no: 2, title: “タイトル2”},
{ no: 3, title: “タイトル3”}
];

// 使用例
var title = buff[0].title;

// ループ使用例
var title;
buff.forEach( function(record)
{
title = record.title;
});

意外と、PHPの二次配列とほぼ同等の使い方ができました。
しかも連想配列(ハッシュ)が使えるのはとてもありがたかったです。

Javascriptは調べてみると想像するより、いろんなことができます。
しばらく使わないと忘れてしまうので、忘備録として残します。

 

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。 鋭意ご対応申し上げます。
ホームページのご提案もさせていただいております