Illustratorでキャンバスの縦置き・横置きを後から変更する

web媒体にせよ紙媒体にせよ、Illustratorでデザイン制作される方も多いかと思います。
下書き段階でも、手書きするよりIllustratorで行ったほうが実寸大で作業できるため効率がいいです。

ということで、作業の最初にIllustratorを開くことが多いのですが、最初に「縦置き」「」を間違えて開いてしまうことがあります。

横置きで作業しようと思ったら、縦置きでIllustrator開いてしまったなどです。

こんな時はいつも新たに開きなおしていたのですが、タイトルの入れ直しとかがちょっと面倒です。
開いてしまった後から、・横置きを変えられないものか?
と思い調べて見たら、何とかする方法があったので忘備録として記録いたします。

現象はこのような感じです

開きなおせばよいというのはわかるのですが・・・・

作業前だから、開きなおせばそれでいい話なんですが、ちょっとおっくうです。

せっかく長いタイトルを入れたのに、また打ち直しかとおもうとちょっと面倒です。

逆に、キャンバスの縦置き・横置きぐらい後から変えられないの?

と思いググって調べました。

アートボード設定で「縦置き」「」を変更できます

ググってみると、キャンバスの縦置き・横置きは「アートボード設定」で変更できることがわかりました。

アートボード設定の開き方はいろいろありますが、私はツールボックスから開きます。
ひと手間少ないためです。

アートボード設定は次のように開きます。

(1)アートボードツールをクリック

(2)アートボード縦ボタンをクリックします

(3)キャンバスが縦置きに変わります

やってみたら、あっさりとできました。

面倒だなと思ったら改善方法を探すことも向上のひとつ

地味に面倒なことって、そこまで面倒ではないけれども何か引っかかります。
特に今回「作業するぞ!」と意気込んでいるときに、開きなおしすると出鼻をくじかれた感じになります。

それは士気の下がる行動です。

パソコン系の作業は確かに面倒ごとが多いです。
しかし、その面倒ごとを改善する方法が存在するのも事実です。

面倒だからと放置せず、何とかする方法を探してみると、意外と改善方法が見つかるものです。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。 鋭意ご対応申し上げます。
ホームページのご提案もさせていただいております