cssでmax-width min-widthの値をリセットする

ホームページのレスポンシブ化(画面サイズ自動可変表示)が一般的になり、スタイルシートの設計も複雑化してきました。

例えば、width指定の場合PCは1200ピクセルなど具体値を指定しますが、スマホの場合はautoで横幅指定無しにすることが多いです。

スマホの画面サイズは機種により異なるためです。

これをレスポンシブで行い場合、css規定値に1200ピクセルを指定し、スマホの場合は auto で上書きします。

これはこれでよいのですが、今回「max-width」「」で同様のことを行おうとした際に、autoの上書きがうまくいかず、四苦八苦いたしました。

いつものごとくググって調べて対処できましたので、忘備録として記録いたします。

現象はこのような感じです。

max-widthを初期値として200px指定し、後からまmax-widthをautoで上書きしましたが、初期値の200pxで表示されました。

どうやらmax-widthには auto 指定が効かないようです。

サンプルはこちら

ソースはこちら

min-widthにはauto指定はできません

width や heightをリセットする場合は、auto指定します。
autoを指定すると、固定値でなくなり画面サイズや上位スタイルシートサイズに準ずるようになります。

ところ、max-widthやmin-widthにはauto指定が使えません。
なんで?
と思いましたが、どうやら「そういうもの」という仕様のようです。

ではどうすればいいのでしょうか?

、min-widthをリセットするのは「initial」指定

まずは論より証拠。
こちらのサンプルではmax-widthの値を後からリセットできています。

いったいどうやっているのか?
と最初は感じるのですが、仕掛けは簡単です。

autoの代わりにinitialを指定するだけです。

たったそれだけ?
と私も最初思いましたが、本当にそれだけです。

cssソースはこちら

.boxはmax-width:200px; が指定されていますが、後から「initial」で上書きしました。
本当にこれだけでリセットできます。

autoならば楽ですがどうやらそういう事情ではないようです。

initialでリセットできるならば、autoも使えればいいじゃないか。
とすごく思いました。

でもどうやらmax-width min-widthの特性による事情のようです。

どういうことかというと、、min-widthは、エリアの最大値、最小値を限定するスタイルシートです。

最大値、最小値を指定するために使うのに「auto」指定はおかしい。
なぜならば、最大値、最小値がautoならば、そもそmax-width、min-widthを使う必要がないからです。

ただ、レスポンシブなどあとからmax-width、min-widthを無効にするために「initial」指定があるようです。

  • auto・・・フリーサイズ指定
  • initial・・指定解除(無指定状態)

理屈がわかると、ナルドほどと思いますが、コーディングする側からすると「どちらでもいいのでは?」という内容です。

cssの仕様の奥深さを知った出来事でした。

また本記事がお役にたてば幸いです。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。 鋭意ご対応申し上げます。
ホームページのご提案もさせていただいております