Adobe Premiere Elements 2019のプレビュー画面が砂の嵐になったのを直す

仕事で動画を取り扱うことはほとんどありませんが、たまに動画作成をすることがあります。

なので、動画編集ソフトは簡易版のAdobe Premiere Elements2019を使用しています。

ところが久しぶりに動画編集をしようとしたら、
がジャミジャミになっていました。

さらに音が出ません。

困ったな・・と思いつつ、対処いたしましたので忘備録として記録いたします。

現象はこのような感じです

プレビュー画面に緑色の横線が表示され、見づらい状態になっていました。
さらに、再生しても音が出ません…。

これでは編集ができません。

原因はインテル® UHD グラフィックス 630ドライバーとの相性

昨年は問題なかったのに、なんで今年はになってしまったのだろう…。

原因が見当もつかず、ググって調べますが、なかなか見つけられず苦労しました。

ようやく見つけた原因が、「インテルのグラフィックドライバーとの相性」というものでした。

つまり、Premiere Elementsと最新版のインテルドライバーとの相性がよくないため、じゃみじゃみ現象が発生するということでした。

ではなぜ、昨年は大丈夫だったのか?
そういえば思い出しました。
昨年使っているパソコンのSSD、HDD以外の部品をすべて新しく買い替えていました。

前のPCではグラフィックボードをつけていましたが、今回はつけていませんでした。そのためグラフィックドライバーがインテルになっていました。

解決方法はグラフィックドライバーのバージョンをダウングレードするとありましたが

インテルのグラフィックスドライバーを古いバージョンにダウングレードすれば現象は直るとありました。

実際に古いドライバーをダウンロードして上書きしてみました…。
最新のドライバーが入っているため更新できません」とはじかれました。

もしかしたら、特別なやり方があったのかもしれませんが、どのみちWindows Updateですぐ最新版のドライバーに上書きされてしまっては、また現象が再発します。

そこで閃きました。
グラフィックボードを入れればよいんじゃないか?

閃きは正解でした。
グラフィックボードを買って、ドライバーをNVIDIAに変更したら、プレビュー画面のジャミジャミは直りました。

次のグラフィックボードを入れました

パソコンショップへグラフィックボードを買いに行きました。
仕事用PCなので、ある程度のものでよいと思いました。
なぜならば、グラフィックボードは追及すると青天井だからです。
場合によっては、PC本体より高いグラフィックボードもあります…。

ただ、せっかくなので元々のインテルグラフィックスドライバーより性能の良いものにしようと思いました。

そこで選んだグラフィックボードがこちらです。

ゲーム用といえばゲーム用ですが、価格が15,000円と手ごろだったのでこれにしました。

グラフィックボードの導入手順

グラフィックボードを変えると、当然ドライバーが入っていない状態でPCを起動するため、画面の表示が一旦小さくなります。

私は、次の手順で設定しました。

  1. グラフィックボードを指したら、モニターケーブルをボードにつなぐ
  2. 電源を入れる→解像度が低い状態で起動する
  3. Windows UPDATEを実行する(最新のドライバーがインストールされる)

最近のグラボはCD等がついておらず、Windows UPDATEをするだけで、ドライバーが自動で入ります。便利です。

ドライバー導入後再度Premiere Elements2019を起動しました

プレビュー画面のジャミジャミが直りました。

次に音が出ないのを何とかする

問題の一つは解決しましたが、まだプレビューしても音が出ませんでした。
なので、さらにググって調べました。

原因は、SSD、HDD以外すべてのハードウエアを一新したためでした。
つまりCPU、マザーボードも交換しているため、当然オーディオドライバーも変わっています。

なのに、Premiere Elements2019側で古いオーディオドライバーの設定のままになっていたため、音が出ていませんでした。

要はPremiere Elements2019のオーディオ設定を修正したら直りました。

その手順を以下に記載いたします。

(1)オーディオハードウェア設定画面を開く

編集→環境設定→オーディオハードウェアをクリックして、オーディオハードウェアメニューを開きます。

(2)デバイスクラスを変更する

デバイスクラスを変更します。
今回はASIO → MIMEに変更しました。
ただ、お使いのPCによっては違う名称かもしれません。
既存の設定と異なる設定にしました。

OKを押したら、注意メッセージが表示されましたが、そのまま「はい」をクリックしました。

今回は普段触らないソフトだったので、見当がつかず苦労しました。

普段は動画編集をさほどしないため、久しぶりにPremiere Elements2019を触ったので、操作方法などほとんど忘れていました。

そのためか最初ジャミジャミだった時、直し方が皆目見当もつかず途方に暮れてしまいました・・。

しかし、グラフィックドライバーに関連する要因であることが判明してからはスムーズに対処できました。

わけのわからない現象に遭遇した時は、ヒントとなる情報を見つけるまでが一番苦労します。でもヒントを見つけてしまえば、試行錯誤することができます。

問題解決には「調べる」ということが重要であると改めて認識しました。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。 鋭意ご対応申し上げます。
ホームページのご提案もさせていただいております