Illustrator のスレッドテキストの最後の文字が微妙にずれる

Illustratorの文字テキストボックスはたいてい均等配置で使用し、段落改行する場合にボックス同士を連結する処理()を使用しますが、気が付くと最後の一文字だけ半角分ずれていることがあります。
前後を削除しても、どうしても直りません。
暫定対処方法だけは見つけましたが、気になる現象のため忘備録に残します。

 

現象はこんな感じです。

スレッドテキストの赤丸の部分に妙な隙間ができています。
テキストを全部削除して、打ち直ししても直りません。
どうやら、ボックス自体がずれるようになってしまったようです。

制御コード表示で確認してみると、問題の個所に改行マークが表示されています。
均等配置をやめると気にならなくはなるのですが、見栄えをよくするには、均等配置はやめられません。

原因はアピアランスのようだが・・

現象が発生していないスレッドテキストにアピアランスを適用すると、現象が発生したため、アピアランスが原因のようですが、アピアランスを削除しても直りません。
どうやら一度発生すると、どうにもならないようです。

検索で調べてみると、Adobeのサイトに何とかする方法が記載されていました。
A,B,Cと3パターンありましたが、AとBは、試しても直りませんでした。

 

結局新規にテキストボックスを作り直せばなおる

Cパターンの新規でテキストボックスを作り直すで何とかなりました。

もっとうまい方法があるような気がするのですが、今のところ、この方法だけです。

 

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。 鋭意ご対応申し上げます。
ホームページのご提案もさせていただいております