EC-CUBE4 関連カテゴリを簡略化

EC-CUBE4の商品詳細表示に含まれる、関連カテゴリ表示は標準では以下のようになっています。

親カテゴリが複数表示される「総表示」形式になっています。
関連カテゴリが少ない場合は問題ありませんが、関連カテゴリが10個以上あったり、孫カテゴリがあったりすると膨大な表示量になります。

PCの時は気になりませんが、スマホで表示すると画面全部関連カテゴリ表示となり、少々関連カテゴリが多すぎる印象になります。

これを以下のような表示にする必要があり、関連カテゴリの表示方法を見直しました。

[アイス][アイスクッキー][新作][シリーズ][オーガニック]

カテゴリ名を1回だけの表示にする

標準では同じカテゴリ名が複数回表示されるため、これを1回だけの表示に変更します。

試行錯誤して対応できたため、忘備録として残します。

直す個所はテンプレートのみ

EC-CUBE4では、「twig」と呼ばれるテンプレートエンジンが採用されております。要するにテンプレートからある程度PHPの操作ができる仕組みになっています。

関連カテゴリ表示は、既にあるカテゴリ情報から必要な部分を取り出す処理がテンプレート側だけで行われており、今回の改修はテンプレートの修正だけで完結します。

EC-CUBE4のフロントテンプレートは、「src\Eccube\Resource\template\default」フォルダにありますが、これを「app\template\default\」にコピーすることで、原本テンプレートを残したまま改造することができます。
下準備として、appフォルダのほうに、テンプレートをコピーします。

直すテンプレートは「detail.twig」

 関連カテゴリ表示のある商品詳細ページのテンプレートは、「template\default\Product\detail.twig」にあります。

このテンプレートの287行目あたりに関連カテゴリ表示があります。

直す個所は以下の部分です

関連カテゴリ表示の仕組みは、①の部分で関連カテゴリをループ表示し、②の部分で親カテゴリを遡って抽出しながら表示をしています。

やりたいことは、同じカテゴリの重複表示をなくしたいので、②の親カテゴリをさかのぼる処理を無しにします。

それが以下の修正です。

親カテゴリをさかのぼって探すループそのものを削除し、関連カテゴリだけをダイレクトに表示します。

これでカテゴリの重複表示がされなくなります。

修正後のコーディングを以下に記載します。

<a>タグに使用されている変数は、2つ目のfor文でProductCategory変数を Category変数に個別に割り当てしていたので、Category.name → ProductCategory.Category.nameという風に変数の名称を変えています。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております

スポンサーリンク