EC-CUBE4 メンテナンスモードを強制解除する

EC-CUBEにはメンテナンスモードという機能があります。
一時的に「準備中」にする機能です。

フロント画面は「メンテナンス中」になりますが、管理画面は通常通りにアクセスできるものなのですが、場合によってはうまくいかないこともあります。

そんな場合の強制解除方法について忘備録としてのこします。

EC-CUBE4をメンテナンスモードにしたら、管理画面に入れなくなってしまった。

一時的な作業のために、管理画面からメンテナンスモードにしました。
すると、次のような表示になりました。

なんか文字化けしており、メンテナンスモード表示の問題かなとおもい、管理画面に入ろうとしたところ、管理画面ログイン画面も表示されなくなっていました。

一瞬焦りましたが、簡単な作業で強制解除できました。

もしかして、再インストールからのやり直ししなければならないかとも覚悟しましたが、思ったより簡単な方法で強制解除できました。

メンテナンスモードにすると、EC-CUBE4のルートフォルダ(.envのあるフォルダ)に、.maintenance ファイルが生成されます。

これをFTP等で削除すると、メンテナンスモードが解除されます。

管理画面に入れないと気づいたとき、本当にあせりました。
ただ、たまたまタイムスタンプの新しい「.maintenance」ファイルがあったことと、EC-CUBE4のインストールパッケージに無いファイルであったことで、メンテナンスモードに関連していると感づきました。

またこの情報がお役に立てば幸いです。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております