メール送信できない現象に対処[outlook](メール受信はできる)

2019年9月28日

最近のメールはサーバーのセキュリティーを高めたものが多く、その分メールソフト側にも設定する項目が増えています。

今回は、そんなメールサーバーで使用しているメールで起きた、メール受信はできるけれども、メール送信ができない現象に対処いたしました。

忘備録として記録します。

現象は以下のような内容です。

  • メール送信ができない(そのうちタイムアウトする)
  • メール受信はできる

メール受信ができているため、ネットが切断されているなど環境的な問題ではありません。設定の問題であると推測しました。

outlookの送信設定を確認してみました。

outlookのアカウント設定を開く必要があります。outlook2016以降アカウント設定を開くのがむつかしくなっています。以前の記事ですが、「outlook2016アカウント設定画面の開き方」について記載していますので、お手数ですがご参照いただければ幸いです。

アカウント変更画面から、詳細設定を開きます。
メールサーバーによっては、独自ドメインではNGなケースがありますが、今回は正しく設定されていました。




メール設定の詳細設定タブを開くと、原因が判明しました。
セキュリティーの高いメールサーバーの場合、送信サーバーの「暗号化設定」が必要です。

それが未設定になっていました。
だからうまく送信できていませんでした。




暗号化STARTTLSを選択しOKを押します。
※どの暗号化を選択するかは、メールサーバーの仕様により異なります。設定表などを確認しましょう。

設定後、メール送受信テストをするとうまく送信できるようになりました。
ただ、送信トレイにたまっていたメールが送信されずタイムアウト待ち状態になっていました。

パソコンを再起動し、再度outlookを起動してい見たところ、送信トレイにたまっていたメールが送信されました。

今回は一見設定が正しいように見え、「暗号化処理」に気づけなかったら延々と悩むところでした。

またお役に立てば幸いです。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております