単焦点レンズと通常レンズを比較撮影してみました。

ホームページ制作において、写真撮影は上手に撮れるに越したことはありません。写真撮影には「腕と技術」が必要です。

ただ、今回は「道具」に着目してみました。
カメラのレンズを変えると、腕も上がるという体験をしました。

単焦点レンズを購入したきっかけ

ホームページのための撮影技術を向上させようと思い、資料書籍やネットなどでいろいろ調べていたところ、レンズの特性というものに着目しました。

私は、普段の撮影がどちらかといえば「暗め」の傾向があり、写真の明るさを何とかしたいという悩みがありました。

明るさはある程度Photoshopで加工できますが、それでも撮影レベルで明るい写真を撮影することが一番です。

そんなとき、単焦点レンズは「明るい」という情報を見つけました。
ということで、単焦点レンズを購入しました。

今までのレンズと、単焦点レンズで撮り比べてみました。

論より証拠です。
購入した短焦点レンズで早速撮影してみました。

まず比べるために、今までのレンズで撮影してみました。
その写真がこちらです。

今までの通常レンズで撮影した写真
スピード 1/320 f4.5 60mm

可もなく不可もなくといったところでしょうか。
ちょっと背景がほんのり暗いのが気になります。
次に、短焦点レンズで撮影してみました。

単焦点レンズで撮影した写真
スピード 1/100 f2.2 50mm

明るいし、メリハリがハッキリとしています。
背景も明るくなりました。
自分で言うのもなんですが、こういう写真、商品カタログでよく見かけます。
短焦点レンズの威力はすごいです。

横に並べてみると、より違いがわかります。

今回購入したレンズはこちら。

ちなみに購入したレンズは、SIGMA 単焦点標準レンズ Art 50mm F1.4 DG HSM ニコン用 です。

通常の単焦点に比べると、少し大きいです。
SIGMAのArtシリーズは「美しい」というレビューが多かったですが、本当に美しい仕上がりになりました。

今回購入した単焦点レンズをつけてみました。

短焦点レンズの特色である「明るい」は、F値の広さにあります。
いままでのレンズのF値は、f4.0まででしたが、このレンズはf1.4まで開放できます。

ここまで開放できると、背景が面白いようにぼかせます。

短焦点レンズは、暗い写真を明るくし、美しく撮れるとう特性があることを実感しました。道具をそろえることも、良い写真につながるということなのだとしみじみ思います。

財布が痛くなります・・・。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております