acrobat reader DC画面右側のツールパネルを非表示にするやり方

PDFファイル閲覧に、フリーソフトのAdobe Acrobat reader DCを使っておられる方も多いのではないでしょうか。

私も閲覧にはAcrobatを使用しています。

ただ、開いたときに「ツールパネル」が右側に表示されます。
親切機能ではありますが、画面の幅を削ってしまい、閲覧しにくくなる欠点があります。

利便性のためのツールパネルですが、地味に画面の面積を食うため少々邪魔だったりします。

ツールパネルに付随する「非表示ボタン」をおすと、その時は非表示になりますが、再起動するとまたツールパネルが表示されています。

このツールパネルを常時非表示にしておく方法がないか調べてみたところ、設定で実現することができました。

忘備録として記録いたします。

現象はこのような感じです。

Acrobat reader DCを開くと、右側にツールパネルが表示されます。
非表示にしても、再起動するとまた表示されています。

このツールパネルを最初から非表示状態にします。

ツールパネルを非表示状態にする設定方法

Acrobat reader DC起動時に右側のツールパネルを非表示にする方法は「設定」でウィンドウ状態保存オプションにチェックをいれます。

間接的な方法ですが、ツールパネル非表示状態を記憶させて、次回起動時に非表示状態で起動するようにするというものです。

編集→環境設定クリックで、設定画面を開きます。

文書を選択し「ツールパネルの現在の状態を記憶」にチェックをいれ、OKボタンを押します。

設定したら、ツールパネルを非表示にして、Acrobat reader DCを再起動します。

状態記憶設定を行ったら、ツールパネルを以下のように非表示にして、Acrobat reader DCを再起動します。

Acrobat reader DCを再度起動すると、ツールパネルが非表示状態で起動します。

チョットしたことですが、設定は難しかったりします。

画面の右側にツールパネルが表示されていても、致命的なことは何もありません。ただ、毎回起動時に非表示にするのは「おっくう」です。

だから最初から非表示状態にしておきたいと考えます。
なのに、設定が分かりにくかったりします。

今回の設定はツールパネルの表示設定ではなく、「ツールパネルの状態記憶」であったため、ぱっと見わかりにくい設定となっていました。

Officeもそうですが、設定というのは少々わかりにくく、どこを設定してよいかわかりません。

また、たまにしか設定しないため、しばらくしたら忘れてしまいます。
本記事が忘備用としてお役に立てば幸いです。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。 鋭意ご対応申し上げます。
ホームページのご提案もさせていただいております