wordで「目次をすべて更新する」実行で改ページが消える問題に対処。

 wordの目次機能はページ番号などを自動で更新できます。便利なのですが、今回目次を更新すると、次のページとの改ページが消えてしまう現象が発生しました。

また改ページを挿入すればよいのですが、「目次をすべて更新する」を実行するたびに改ページが消えるため、何とかならないかと思いいろいろ試してみたところ、解決できましたので忘備録として記録いたします。

現象はこのような感じです。

「目次をすべて更新する」を実行すると、次のページが表示されます。

 目次更新のたびに改ページ挿入をしなければいけません。
しかも目次のページ番号が1ページずれているため、改ページ挿入後「ページ番号だけを更新する」を実行しなければいけません。

ググって試してダメだったこと。

 何とかする方法をググって探してみました。
この現象はレアな現象みたく、解決方法がなかなか出てきませんでした。

類似現象の原因として「セクション区切りの挿入」で直るとありましたが、直りませんでした。

そこからいろいろ試行錯誤してみたところ、偶然もくじ更新で改行が消える現象が直りました。

そのやり方を以下に記載いたします。

目次更新で改ページが消えないようにする方法

見出しの途中で改ページを挿入すれば改ページが消えることが無くなります。
見出しの途中で改ページを挿入すると見出しが2つになるので、増えた方の見出しを書式クリアすればOKです。

見出しの途中で改ページを挿入します。

増えた見出しを書式クリアします。

再び「目次をすべて更新する」を実行すると・・・・

今度は改ページが消えることもなく、目次ページ番号も正しく更新されます。

原因は良くわからないのですが、段落が関係しているもようです。

 目次の直後に見出しを追加して、同じようにやってみましたが、現象は直りませんでした。

理由はよくわかりませんが、文書ファイルはword2010の頃に作成したものを再利用しながら使っているデータに何か問題があるように感じました。

ためしに、word2019で新規作成したファイルに目次を入れても、同じ現象は発生しませんでした。

それでも、同じ書式の仕様書などを作る場合は、最初から作り直すより、以前の仕様書を直すほうが効率的です。

そういったことでは、古いwordの文書ファイルが流用され続けているといえます。

今回の記事がまたお役に立てば幸いです。

WORDに関するトラブル・問題解決の記事を以下にまとめています。
またご参考になれば幸いです。

WORDに関するトラブル解決レポート一覧

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。

このような記事も読まれています

ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。 微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。
ホームページのご提案もさせていただいております