Windows10修復ディスクの作り方~備えあれば憂いなし~

2019年12月13日

 前回、Windows7が起動しなくなったのを修復した方法についてレポートいたしました。


その時のやり方について詳しくはこちらの記事です。


その時に役に立ったのが「修復ディスク」です。
しかもこの修復ディスクは「任意作成」のため、たまたま事前に作っていたため事なきをえました。

そう思うと修復ディスクの事前作成は重要です。
ということで、今回は修復ディスクを作成しました。
忘備録として手順を記載いたします。

まずは修復ディスク作成画面を開く

修復ディスク作成画面は、コントロールパネルの奥深くにあります。
次の手順で開くことができます。

(1)Windows設定画面を開き、更新とセキュリティ画面を開く。

コントロールパネルからも開けますが、オーソドックスにWindows設定画面から開いてゆきます。

(2)バックアップ画面を開きます。

バックアップを選択します。

バックアップと復元に移動(Windows7)を開きます。

Windows10なのに、Windows7と表示されてあれ?思いますが、特に問題はありません。

修復ディスクの作成を行う

ここまで開いて、ようやくシステムディスクの作成画面が出てきます。
システム修復ディスクの作成をクリックして、作成を開始します。

(1)空きDVDディスクを入れて、ディスクの作成ボタンをクリックします。

空きDVDをセットして、開始ボタンを押すと修復ディスク作成がスタートします。

(2)修復ディスクの作成が始まります。

作成が始まると、緑の進行バーがちょっとずつ進んでゆきます。
約5分ぐらいで終了します。

(3)作成完了時にメッセージが表示されます。

修復ディスクの書き込みが終了すると「ディスクにこのように書いておいてください。」という旨のメッセージが表示されます。
確かに、ディスクに書いておかないと後で後悔します。

(4)OKを押してウィンドウを閉じ、ディスクを取り出して完了です。

OKを押して修復ディスク作成完了です。
ちなみにOKを押しただけではディスクは出てきません。
そこは手動でディスクを取り出します。

備えあれば憂いなし。

 パソコンは普通に動いている間は「大丈夫。問題ない。」と思いがちです。
でも「昨日まではちゃんと動いていて、今日何もしていないのに動かなくなった。」ということは当たり前のように起こる現象です。

パソコンがちゃんと動いているときに備えておけば、いざという時も慌てずに済みます。

パソコンに限らず、大抵のことに当てはまります。

修復ディスクを作っていなかったので、今回良い機会になりました。

メールやWindowsに関するトラブル・問題解決の記事を以下にまとめています。
またご参考になれば幸いです。

メール・WIndowsに関するトラブル解決レポート一覧

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております

スポンサーリンク