Illustrator 図形拡大・縮小時に罫線の太さが変わらないように設定する

Illustratorで図形を描いてレイアウトにあてがうときに、適度に拡大・縮小します。その際に、図形の罫線の太さが拡大・縮小に合わせて太くなったり、細くなったりします。

イラストなどは、拡大・縮小で線の太さが追従する方が良いのですが、ホームページのレイアウト制作(ワイヤーフレーム制作)をする場合は、線の太さがそのままのほうが使いやすいので、どうすれば線の太さがキープできるか調べてみました。

現象は以下のような感じです。

1ピクセルの線で描いた円を拡大すると、線が太くなります。
これを、拡大しても1ピクセルのままになるようにしたいのです。

例のごとくググったらすぐ答えがでました。

わからないときは、どこを設定すればよいか本当にわからないものです。
ググってみたら、すぐに答えが見つかりました。

変形ウィンドウの「線と幅と効果も拡大・縮小」のチェックを外すと、拡大縮小で線の太さが変化しないようになりました。

ちなみに、図形を選択している状態でないと、チェックを外せませんでした。

結果がこちら

引き延ばししても、線の太さが変わらないようになりました。
ちょっとしたことですが、調べてみると解決方法があるものです。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております