Windows10でIEが見当たらない場合の出し方

Internet Explorerはほとんど使うことがなくなりました。
事実Windows10にEdgeが搭載されてからは、PCのデフォルトブラウザでなくなりました。

めっきり日陰のIEですが、たまに必要な時があります。
パリソでEDYにアクセスする場合や、電子申請等の手続きの際に、IEでなければ動作しないケースがあります。

今回も、IEでなければいけないケースがあり、IEを起動しようとしました。
あれ?IEが見当たらない!?

通常はWindowsアクセサリの中にIEがあるはずなのですが、見当たりません。
IEはアンインストールできないブラウザなので、誤って消してしまうということもありません。

いったいどこへ行ってしまったのでしょうか?
調べて対処できましたので、忘備録として記録いたします。

実はWindows10のIEには「無効状態」設定があります

最近までEdgeのオプションで、「IEで開く」というのがありましたが、WindowsアップデートでEdgeのバージョンが上がって以降そのオプションは無くなりました。

何か完全にIEがいなくなった感があります。

ただ、よくよく調べてみるとIEを使わない人のために、完全にIEを無効にして非表示状態にする機能があることがわかりました。

IEがいないという場合、IEが無効状態になっています。
IEを有効にしてあげると、再びIEがでてきます。

IEを有効にするやり方

(1)コントロールパネルを開く

Windowsシステムツールからコントロールパネルを開きます。
Windows設定と間違わないように注意です。

コントロールパネルを開いたら「プログラム」をクリックします。

(2)Windowsの機能の有効化または無効化を立ち上げます

(3)Internet Explorer11にチェックを入れ有効にします

Internet Explorer11の欄にチェックがついていない場合、無効状態になっています。有効にするには、IE11の欄にチェックを入れてOKを押します。

(4)パソコンを再起動する

設定が完了したら「今すぐ再起動」というボタンが表示されるので、押してパソコンを再起動します。

以上でIEが表示されるようになります

IEを有効化して、パソコンを再起動すると、Windowsアクセサリの中にIEが表示されていました。

パソコン事は一瞬焦っても、一度落ち着ついてから解決策を探します

私自身パソコンには詳しいほうですが、それでもわからないことはたくさんあります。

今回もIEに「無効設定」があることを知らず、なんでIEがいなくなっているの?
もしかしてIEが廃止になったの?

と少し焦りました。
でもそこから一旦落ち着いて、ぐぐって調べてみると存外些細な事であることがわかりました。

パソコンで不測の事態が起こったら、まず落ち着いてググると、たいていのことは解決するものです。

メールやWindowsに関するトラブル・問題解決の記事を以下にまとめています。
またご参考になれば幸いです。

メール・WIndowsに関するトラブル解決レポート一覧

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。 鋭意ご対応申し上げます。
ホームページのご提案もさせていただいております