EC-CUBE4 強制キャッシュ削除のやり方。

EC-CUBEは高速化のために、HTML等を独自にキャッシュ化します。
テンプレート等を変更し、FTPでアップロードした場合、キャッシュ削除をしないと反映されない特性があります。

これがEC-CUBE4になると、管理画面から削除できます。
これはこれで便利なのですが、このほど構築中に困った現象が発生しました。

管理画面の表示が崩れ、管理画面からのキャッシュ削除ができなくなりました。

結果から言うと、キャッシュ削除で表示崩れが直りました。
ただ、管理画面からキャッシュ削除出来なくなったため、どうやればキャッシュ削除すればよいかわからず悩みました。

調べて、キャッシュフォルダを探し、直接削除できたのですが、時間がたつと忘れそうなので、忘備録として記録いたします。

まず、本来のキャッシュ削除の方法

EC-CUBE4のキャッシュ削除は、管理画面の「コンテンツ管理」→「」で実行します。

ところが今回、色々いじっていたら管理画面の表示が崩れ、管理画面からキャッシュ削除ができなくなりました。

管理画面から、キャッシュ削除ができないならば、直接削除するしかありません。

EC-CUBE4のキャッシュフォルダはどこなのだろうと調べました。

EC-CUBE4のキャッシュフォルダの場所

EC-CUBE4のキャッシュフォルダの場所は「/var/cache/」です。
cacheフォルダ事削除して大丈夫です。

フォルダの場所がわかれば、あとは削除するだけです。
キャッシュを削除し、再度管理画面を開いたところ、表示崩れが直りました。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。 鋭意ご対応申し上げます。
ホームページのご提案もさせていただいております