エクセル2010が、2019年年明け以降起動しない不具合の対処方法(KB4461627)

 新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

2019年の仕事始めから「エクセルが起動しない」という旨のご連絡をいただくことが多く、調べてみるとマイクロソフトアップテートの不具合で、エクセル2010のみ起動しない不具合が発生しています。

必ず発生する現象で、同時多発的に多くのPCで現象が発生しています。
対処方法は単純なのですが、手順が分かりにくいのでまとめてみました。

またご参考になれば幸いです。

(1)コントロールパネルを開く

対処するためには、まずコントロールパネルを開きます。
windows10では、Windowsシステムツールの中にコントロールパネルがあります。

(2)プログラムアンインストールを選択

コントロールパネルを開いたら、プログラムのアンインストールを選択します。

(3)Windows UPDATEプログラム一覧を表示する

プログラム一覧が表示されたら、Windowsアップデートされた更新プログラム一覧を表示します。「インストールされた更新プログラムを表示」をクリックすると表示されます。

(4)KB4461627を探す

Windowsアップデートプログラムの中から、KB4461627を検索します。
場合によっては、検索に時間がかかります。

(5)見つかったプログラムをアインインストールする

見つかったプログラムを選択し、ダブルクリックまたは、アンインストールをクリックし、アンインストールを実行します。

削除後、パソコンを再起動すればエクセル2010が起動するようになります。

問題の更新プログラムは、現在自動アップデートされません。

不具合の原因である「KB4461627」は現在自動アップデート、手動アップデート対象外となっております。一度アンインストール後、翌日また現象が発生するということはありません。

また、エクセル2013やエクセル2016ではこの現象は発生しません。
エクセル2010に限っての現象です。

この季節は、引き継ぎ等で会計の帳簿見直しなどエクセルを使うことが多いです。年が明けたらエクセルが起動しなくなったという場合は、原因がほぼこれですので、またご参考になれば幸いです。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております