予算がない場合のホームページの作り方。

 ホームページの料金とは業者により千差万別です。
ただ、一様に言えることは「想像より高い。」ということです。

当然予算がない場合は、ホームページ業者に依頼できません。
無論、ホームページに限らず予算が取れない場合は業者に依頼できないものです。

そんな場合、どうすればビジネスホームページが持てるのかを考察してみました。

自分で作る。

 正攻法で何とかするならば、この方法になります。
業者に依頼できないならば、自分でやるしかない。
ソフトを買ったり、参考書を買ったりしながら「自作」することになります。

ただ、自分で作ってみても、思うようにいかないものです。やはり業者の手を借りて作るのがよいと感じられるかと思います。

なにより、ビジネスホームページに素人感は禁物です。

予算がないけれども、業者に依頼する方法は何かないものでしょうか?

安く受けてくれるところを探す。

ホームページの自作が無理ならば、次の手は格安業者を探すことになります。
しかしながら、商売が軌道に乗っている業者ほど、相場を大きく下回るご依頼はよほどのつてがない限り受けることはまずありません。

これは私自身の体験談ですが、かけだしのころは実績を作りたいため、格安で受けておりました。お客様がホームページについて詳しくないのは当然ですが、私自身も経験不足すぎて、どうすればよいか方向性を見いだせない状態でした。

お客様もわからない。私もわからない。
そんな状態で良いホームページが作れるわけがありません。

安く受けるとは、そういうことなのです。

では、予算がないけれど、実績のある業者に依頼するにはどうすればよいのでしょうか?

補助金・助成金を利用する。

 コストを抑えることとは逆の発想です。しかしながらない袖は振れないものです。だったら、別の方法で予算を増やすという方法です。

「助成金・補助金」は、条件さえ満たせばどなたでも利用できます。また最近はホームページ構築目的のためのものもあります。

地域によって条件等異なりますが、少なからず商売のためのホームページ制作に関連する助成金・補助金はあります。

条件や手続きの難易度など、「壁」はありますがホームページが本当に必要ならば超えられない壁ではありません。

事実、ホームページで成功されておられる方はいずれの方も、予算を準備することに長けておられます。

行政等のサービスを利用するというのも一つの選択肢なのです。

いろんな角度から考えることで道は開けます。

予算がない場合、業者に対して「値切る」というのはたくさんある方法の1つでしかありません。1つの方法がうまくいかなくとも、別の方法でアプローチすれば道が開けるかもしれません。

大事なのは、ご商売での目的を達成することです。
そのためにホームページが必要なのであれば、目的を達成するためにホームページを作らなければなりません。

考え方、アイディアは千差万別星の数ほどあります。
今回の例以外にも、予算をかけないホームページの作り方があるかもしれません。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております