どうしてもビジネスホームページを自分で作りたい場合

 ネットがインフラ化した現在では、ネット上に自社・自店舗の存在を記しておくことが必然化しています。

自社・自店舗のホームページの必要性を感じているものの、業者に依頼する予算がない場合、自分でホームページを作ることになります。

そこで、「はじめてのホームページ」といった本を読みながら、よくわからない専門用語と奮闘することになるのですが、自作ホームページで抑えて億ポイントについて、お話いたします。

やりがちだけれどもやってはいけないこと

 私自身も駆け出しのころやってしまったホームページでの失敗がたくさんあります。いずれも趣味のホームページならば問題ありませんが、ビジネスホームページでは著しく印象を損ねたり、顧客信頼性が失墜したりします。

ぜひご参考いただければ幸いです。

プライベートや趣味のことを記述してしまう。
SNS等であれば、プライベートごとはアクセントですが、ビジネスホームページでプライベートごとを固定記事として掲載するのは、印象が悪くなります。仕事とプライベートは切り離して記事掲載しなくてはいけません。

自社紹介だけで終わってしまう。
ホームページの内容が自社のサービス、自社の商材、自社の会社案内、お問い合わせと、会社リーフレットのような内容しか掲載しないのは、お客様の印象に残りません。典型的な1回アクセスしたら2度目はないサイトになります。

■レイアウトに微妙にズレがある。
ホームページのマスブロックの横幅が、ページごとに微妙にずれていたり、一部はみ出ていたり、レイアウトが整っていないホームページは、耳が痛いかもしれませんが、だらしない印象が発生します。

素人感が出ている
自作ホームページであれば、当然といえば当然ですが、閲覧されるお客様は業者が制作したホームページだと思って閲覧されます。もし業者が作ったホームページでないことが見えると、会社の規模を見透かされることになります。

ビジネスホームページを自作する場合はこの4つのポイントを押さえて作る

 自作ホームページは得てして素人感が出てしまうのは、仕方のない部分があります。しかし次のポイントを押さえることで、素人感を軽減することができます。

お客様目線で考える
御社のホームページを閲覧される方は、御社のお客様です。自己満足ホームページを見せられたら、お客様は不快に感じてしまわれます。内容、構成、レイアウトあらゆる面で、お客様目線で考えます。

営業トークを入れる
普段の営業で接客される要領で、ホームページにも「営業」を盛り込みましょう。御社がお客様に普段提案されていることは何でしょうか?

お客様の役に立つことを盛り込む
御社の仕事は、人様の役に立つことをされておられるかと思います。人様の役に立つことは、おのずと集客を呼び込みます。

誠意をもって書く
適当に書いた文章は、お客様に見透かされます。不器用でも一生懸命丁寧に書いた文章は、心に伝わるものです。

自作ホームページは大抵の場合失敗しますが原因に気づくことが大事

 ビジネスホームページで重要なことは、売り上げ、集客、リードを獲得することにあります。しかし、自作ホームページを作るときに、デザイン、レイアウト、HTMLといった、ビジネスに関係のない部分に力が入ってしまいます。

お客様は情報を欲しておられます。その本質を見逃してしまうと、どんなに美しいホームページでも失敗します。なぜなら、お客様の欲しい情報が掲載されていないためです。

ホームページで成果を出される方は、ホームページの見た目にこだわられない方が多いです。だたし、ホームページの中身にはかなりこだわられます。

中身のあるホームページであれば、自作ホームページであっても成果を出すことができます。挑戦されることも営業活動の一つです。

今回のレポートは以上です。
読んでいただいてありがとうございました。


Twitterでもweb集客向上、webマーケティング等についてブログの内容以外の情報発信もさせていただいております。Twitterもご覧いただければ幸いです。


ホームページに関するお悩み事やご相談事がございましたら私どもまでご連絡ください。
微力ではございますが、鋭意ご対応申し上げます。

ホームページのご提案もさせていただいております